スポンサーリンク

オーブントースターは持っていません。
もう4年以上前に処分しました。

 

処分した理由はというと・・・

「掃除が面倒だから」(笑)

 

もう本当に面倒くさがり屋なのが
おわかりいただけましたでしょうか!?

 

でも・・・
オーブントースターを処分したら
私にとっては良いことだらけ。

 

掃除をしなくていい!
キッチンがスッキリ!

 

掃除をしなくていいってことはもちろんですが、
キッチンがスッキリしたってことも
私にとっては大きいです。

 

電子レンジ、トースター、電気ポット、炊飯器・・・

 

キッチンって電化製品が集まる場所なんですよね。

 

だから一つでも電化製品が減ると、
すごくスッキリした印象のキッチンになります!

 

電化製品はほこりが溜まりやすいから、
電化製品を減らすということは
掃除嫌いの私にはピッタリなんです!

 

オーブントースターは不要。そんなに使わない。

そもそもオーブントースターって
本当に必要なんでしょうか?

 

私がオーブントースターを
ずーっと使っていた理由を考えてみたら・・・

 

「パンを焼くため」でした。

 

私が若い頃だって同じです。
実家になぜトースターが
あったのかというと
「パンを焼くため」

 

あっ、あとはグラタンやお餅を焼く時くらいかな?

 

お料理好きでたくさんの
レパートリーをお持ちの方なら
パンやグラタンを焼くこと以外にも、

 

トースターの使い道って
あるのかもしれないけれど、

 

私には「パン時々グラタンやお餅」を
焼くことにしか使いませんでした。

 

たぶん、これからもそれは変わらない。

 

主にパンを焼くことに使っているので
パンくずの掃除が非常に面倒!

 

代わりにグリルが使えるんじゃないか?
パンはもちろん、野菜、グラタン、お餅もグリルでOK!

ご覧のとおり、お餅もぷっくり焼けておいしそう!!

 

これなら、トースターがなくても何とかなる!

 

だったら処分しちゃおう!と思い立ったのです。

 

万が一、やっぱりトースターが
なくちゃダメ!ってなったら
また買えばいいと考えました。

 

トースターって良いモノにこだわらなければ
数千円で買えますからね。

 

でも・・・そんな心配は無用でした!

 

トースターを捨てても全く困らなかったんです。
むしろラク。

 

掃除をしなくていいということは、
掃除嫌いで面倒くさがり屋の私にとっては
本当に気がラクになりました。

 

自分が苦手なことを「やめてみる」
というのも大切なのかもしれませんね。

 

パンはどうやってで焼くの?グリルが大活躍!

スポンサーリンク

掃除が減ったのは良いとして・・・
「じゃぁ、パンはどうやって焼くの??」
という疑問がありますね。

 

はい、グリルで十分おいしく焼けちゃいます!

 

慣れるまでは焦がしたりしていたんですが(笑)
今ではもうすっかり慣れて上手に焼けるようになりました!

 

どんなグリルを使っているのかによっても
焼き加減って変わってくると思います。

 

我が家は両面タイプ。

 

私の場合はアルミホイルを敷いて
その上にパンを乗せて焼きます。

※アルミホイルを魚焼きグリルで使用する場合、
 食材の脂が引火する場合もあるようですが、
 パンなら大丈夫かなと思い使っています。
 ご使用の際は十分ご自身で注意しながらお願いします!

 

そして火加減はいちばん弱くします。
時間は3~5分くらいかな?

 

少し予熱で
グリル内を温めておくのも効果的です。

 

パンの種類にもよりますが、普通の食パンだったら
これで十分カリッとし、キレイなきつね色になります(*^_^*)

 

焦がしたらイヤなので、コンロの前で時々確認しながら
焼き加減を調節。

 

アルミホイルを敷いたから
パンの裏側もご覧のとおり、焦げていません。

 

アルミホイルを敷かないで焼いていた頃は
部分的に焦げ付くこともありましたので
アルミホイルを敷くことでそれが解消しました。

 

そしてアルミホイルを敷くことで掃除も簡単に!

 

アルミホイルを敷けば
パンくずが散らからず
汚れません。

 

だから、わざわざパンを焼くたびに
グリルを洗う必要がありません。

 

そもそも我が家は「ごはん党」なので
食事でパンを食べることは少ないです。

 

だから毎日パンを焼くってことはありません。

 

そのため、
オーブントースターが無くても
十分グリルで対応可能です。

 

もちろん、グラタンやお餅、
野菜だってグリルでOK!
ホイル焼きもおいしくできましたよ!

 

「掃除が面倒」
「キッチンをスッキリさせたいからトースターを処分したい」
「トースターをあまり使わないけど捨てるのに勇気がいる」

こんなふうに感じている方。

 

一度、パンをグリルで焼いてみてはどうでしょう?

 

案外、簡単においしくパンが焼けることに拍子抜けするかもしれません。

 

他に代用できないかを考えてみる。

トースターに限ったことではないのですが、

 

どんなものでも購入前に
他のモノで代用できないか?ということを

考えることって大切だと思います。

 

トースターを買うのは当たり前。
レンジを買うのは当たり前。

 

もう私たちの生活って
便利すぎて何でもそろっているから、

 

それを持つことが
当たり前のようになっている
部分があるような気がします。

 

そして、
それが日本のもともと狭い家を
より狭くする原因となっている、

と私は感じているんです。

 

今回のテーマであるトースターは
無くても生活ができるモノです。

 

持つ持たないはもちろん自由です。

 

でも何かを買う前に一度考えてみるクセを付けるといいと思うんです。

 

「これは、何のために買うんだっけ?」

「これは、他のモノで代用できないだろうか?」

「本当に必要なのか?」

 

今まで私がお片づけをして
本当にたくさんのモノを処分して
こんなふうに感じるようになりました。

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter でryokoをフォローしよう!