40代主婦の服

 

40代専業主婦りょうこの
2020年7月現在の洋服の枚数は・・・

 

全部で26着です!
(そのうちコートが2着含まれます)
※寝間着や肌着類は含まない

 

そのうち、
夏用11着
冬用5着
春秋用10着
となっています。(2020年7月現在)

 

詳しい内容は省くとしても、
今のところ40代専業主婦である
私の1年間の洋服はこれだけです。

 

1シーズンにすると
ほんの数着ずつ。

 

これでもなんとかやっていけるものです。

 

 

40代専業主婦2020年夏の洋服は11着!1シーズン困らずに着回せる!

ということで、
40代専業主婦りょうこの
2020年夏の洋服はこれだけです!

2020夏の洋服

このうちネイビーのパンツと
右端のタンクトップ類はオールシーズン用ですが
夏用としてカウントしました。

 

実は2年前の2018年夏の洋服は15着もありました。
下の写真がその時のものです。

パンツ

トップスとワンピース

夏のファッション

今はこれらの服は
数着を残してほぼ処分しています。

 

15着あっても
ほぼ着ていない洋服もありましたし、
2020年は素材感にこだわって
自分が良いと思ったものだけを
揃えたので11着でも問題なしです!

 

洋服は楽しむためのもの!

洋服って楽しむもの。
だからこそ、自分が納得した1着を
とことん着たいのです。

 

安いから・・・という理由で
選ぶことはやめました。

 

自分にとって心地よく
着ていて納得する服を買いたいと
考えています。

 

自分に似合う色、好きな定番色を決める!

基本的に私は
ネイビーやベージュ系が好きなので
あまり派手な色は買いません。

 

自分の定番、
自分の好き、
がわかっていると
洋服選びで大きな失敗を
することはないのだと思います。

※もちろん若い頃からの失敗を経て、
 今のスタイルができたと思っています。

 

それが結果的に
今のミニマルなワードローブに
つながっているかもしれません。

 

自分が気に入った服を買う!

人それぞれ服の好みは違いますが、
私はベーシックな服が好きなので、
多少高くても気に入ってしまったら購入します。

 

そのかわり、お値段が高かった服は
長い間気に入って着ています。

 

結局は、自分が
欲しい!使える!これが好き!という
プラスの感情で買ったモノ
やっぱり大切に着ることができます。

 

そんなところも、
服が増えすぎない秘訣なのかもしれないし、
そういったワードローブになっていったら
とても素敵なことだと思っています。

 

専業主婦の服。1シーズンではなくて、1年間では何着あれば着回せるの?

スポンサーリンク

先ほど私の2020年夏の
ワードローブをご紹介しましたが
全部で11着でした。

 

では
「15着×4シーズンで
60着の服が必要なのか?」と言えば
それは違います。

 

春夏秋冬の4シーズン
それぞれの季節で
服を揃える必要はありません。

 

「春夏物」「秋冬物」で分けて
考えて良いと個人的には思っています。

 

そのため2シーズン
服があれば着回すことはできます。

 

専業主婦の洋服は2シーズンで考えてみる!

 

2シーズン

私に限ったことではなく
誰でもそうだと思いますが

 

同じ長袖の服を
秋から春にかけて着たり、
春に着ていたブラウスを
秋に着たりしますよね?

 

だから、普段わたしたちは
季節をまたいで
洋服を活用していることになります。

 

先ほどご紹介した
2020年夏のワードローブは11着だ
と言いましたが、
これらは春から継続して
着ているものも含まれているんです。

 

例えば・・・
私が持っているお気に入りのカーディガン。

ブラウンとグレーのカーディガン

左のグレーのカーディガンは
大のお気に入りで、
ほぼ一年を通して着ています。

 

他にもブラウスなどは
春~秋の3シーズン活用します。
肌寒い時にはカーディガンを羽織れば活用できますからね。

 

そういうことを考えていくと、
より厳選したワードローブを揃えていけば
少ない服で着回すことが
可能になるんじゃないかと思うのです。

 

まさに、
ミニマルワードローブですね!

 

40代専業主婦の洋服はミニマルでいい。たくさん持っていても着られない。

 

ミニマルデニム

よくお片づけのブログや
本やテレビなどを見ていると
一人分の洋服が100着以上出てくる・・・
ということはざらです。

 

自分がどんな服を
持っているのかさえわからなくなるほど
洋服を持っている人が多い。

 

そしてそんなにたくさんの服を
持っているのに
もかかわらず
「着る服がない」
口癖のように言ってしまうんです。

 

それは、
自分がどんな服を持っているのか
把握していないから。
そして、その服を
実はもう着たいと思っていないから。

 

結局は、
たくさんの服を持っていても
全ての服を着ることは無理なのです。

 

40代専業主婦の洋服選びで大切なこと。

机といす

どんな服を着たいのか?イメージは大切!

私が洋服選びで大切だなと思うことは、
自分がなりたいイメージを
想像することだと思うのです。

 

私は若い頃から洋服が好きだったので
たくさんのファッション誌を見てきました。

 

一冊のファッション誌の中には
「こんな服装してみたい!」「素敵!」と
真似したくなるようなスタイルがあって、
実際にそれを真似することもよくありました。

 

そういう経験を繰り返しながら
今の自分の「好き」や
「似合う色」がわかってきたように思います。

 

勉強も大切!

私は洋服が好きですが、
残念ながらファッションセンスが
あるかどうかはわかりません・・・。

 

でも洋服が好きだから
ファッション関係の本は読みたくなるのです。

 

今はファッション雑誌の他に
ファッションに関する本がたくさん発売されています。

アラフォー女性ファッションコーデとワードローブ整理に役立つ本3選。

そういう本を読んで
ファッションの勉強をすることも
自分らしいスタイルを
見つけていくうえでは大切なんじゃないでしょうか。

 

まとめ

2020年7月現在の私のすべての手持ち服は26着でした。
そのうち2020年夏のワードローブは11着です。

 

これが多いのか少ないのかは置いておいて、
私自身は十分に活用できる
ちょうど良い量だと感じています。

 

何の問題もなく
毎日着回すことができていますし、
困ってもいません。

 

また、今の枚数を
キープしようとも思っていません。

 

自分の状況が変われば、
洋服だって変わる可能性があるからです。

 

ただ、
今後も洋服を大量に
持ち過ぎることは決してありません。

 

毎日の生活に
そんなにたくさんの服が
必要ないことがわかったからです。

 

シンプル・ミニマルに暮らしたい!
という気持ちの前に
一度自分の「モノ」を
見直してみることは大切です。

 

自分に必要なモノの量がわかれば
自然とシンプルにミニマルに
変わることができるからです。

 

衣替えやクローゼット整理を始める前によんでもらいたい記事をまとめました(^^)

衣替え収納クローゼットの整理方法は?誰でも簡単整頓まとめ

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!