キッチンシンク

キッチンシンクを狭くするものは
こちらの3点セットです。

・洗い桶

・三角コーナー

・水切りかご

 

これらは、本当に必要なんでしょうか?

 

キッチンは作業がしやすいように
シンプルにしておくことが一番!

だと私は思っています。

 

いつだってすぐに材料を広げて調理できるようにしておく。
いつでも掃除できるような準備をしておく。

 

そうすればキッチンはいつでも
キレイでスッキリした場所になるはずなんです。

 

 

「水切りカゴ」はいらない!

水切りカゴ。
便利な反面、ものすごい手間がかかるモノなんじゃないか。
私はそんなふうに思っています。

 

私も結婚してから当たり前のように
水切りカゴを使ってきました。
だって、持つことが当たり前だと思っていたから。
「使う必要あるの?」なんて
疑問すら湧きませんでした。

 

水切りカゴってハッキリ言って便利です。
洗った食器をサッと置けるし、
水切りもしてくれて
お皿だって拭きやすい。

 

でも、濡れた水切りカゴをちゃんと掃除しないと
どうなるか知っていますか??(笑)

 

そう、当たり前ですが
カビが発生します。

 

ズボラな私は食器拭きまではやっていたものの
水切りカゴの掃除なんて毎日していませんでした。

 

だって当時住んでいたアパートのシンクは狭いから
水切りカゴの掃除をするのも一苦労。

 

ズボラな性格も影響し
いつのまにかポツポツとカビが生えている・・・
ということを繰り返していたんです。

 

水切りカゴを何回も買い替えました。

 

でも・・・
カビの掃除が面倒になった私は

思い切って水切りカゴを処分。

 

すると、途端にキッチンがスッキリし
自分の心もラクになったのです。

もう掃除をしなくていいんだ・・・って。

 

しかも、水切りカゴがあったせいで
食器拭きを後回しにしていた私が
食後すぐに食器を洗い、
食器もきちんと拭き上げるようになりました。
キッチンをスッキリさせるために。

 

ちなみに、食器拭きは吸水性抜群のリネンを使っています。

食器拭きのおすすめは、吸水性・速乾性が抜群のリネンクロス!

 

リネンは吸水性・速乾性が抜群で
おしゃれなところが魅力的!
1枚1000円以上しますので値段は高めですが
長期的に使えますのでオススメの品です。

 

水切りカゴを処分したことで得たことは

・水切りカゴを掃除する手間が省けたこと
・茶碗をすぐに洗って拭き上げ、
 しまうようになったこと
・水切りカゴを置くスペースが必要なくなり
 キッチンがスッキリしたこと

と、
すごく自分にとってプラスになることばかりだったんです

 

水切りカゴの掃除が面倒
すぐにカビを生やしてしまう
キッチンをスッキリさせたい

 

そんなふうに思っているのだとしたら
思い切って水切りカゴを
手放してみてはどうでしょうか?

 

もし、手放す勇気が出なければ
少しの間、水切りカゴを
隠してみればいいのです。

 

無くても大丈夫なら処分すればいいし、
やっぱり使った方がいいなと感じれば
元に戻せばいい。

 

やってみなくちゃ自分に合う方法って
見つけられないんです!

スポンサーリンク

「三角コーナー」はいらない!

はい、これはもう絶対になくても大丈夫です。
むしろない方がいいんじゃないかとさえ思っています。

 

ただ、生ごみを入れるためのモノですよね。

 

お料理中にでる野菜くずなどは
その都度ビニールに入れるなどすればOKですし

 

残した食事もビニール袋に処分すればいいのです。
わざわざ三角コーナーに捨てる必要はありません。

 

何より掃除が面倒だと思いませんか?

 

私も結婚当初使ってましたが・・・
ズボラな私には向いていませんでした。

 

だって掃除が面倒なんですから。

 

毎日毎日、食器洗いの他に
三角コーナーの掃除までできません。

 

三角コーナーの掃除をサボったらどうなるかは
ご想像におまかせします(笑)
だからズボラな私には向いていませんでした。

 

お料理をする時にはビニール袋を準備しておけば
わざわざ三角コーナーを使う必要もなくなり
キッチンのシンクだって広々使えます。

 

以前こちらの記事を書いたことがありますが
キッチンエコスタンドタワーという便利グッズがあるんです。

水筒やコップを乾かすための便利スタンド!山崎実業タワーシリーズ!

 

エコスタンドタワーって、ビニールを引っ掛けて使うことができます。
こうやってお料理前にセットしておけば
料理中のゴミ捨てにも使えて便利です!
(あ、ちなみに私はわざわざ使ったりはしていません(笑))

折りたたみできるので片づけもラクラク。

このキッチンエコスタンドタワーは一つの例ですが、
ほんのちょっと方法を変えるだけで
必ずしも三角コーナーが必要になるわけではないと思うのです。

 

三角コーナーがなくなると
シンクは広くなるし掃除も必要ありません。

 

「洗い桶」はいらない!

それから、洗い桶。
私は「いらない」と思っています。

 

食事が終わったあとに
食器を水に浸けておくためのモノだと思いますが
食事後すぐに洗えばいいのです。

 

それに使わない時の置き場所にも困る。
結構大きいですからね。

 

水滴が付いていればきちんと拭き上げなければ
水切りカゴと同じようにきっとカビが生えます。

 

食事が終わったらすぐに食器を洗うことを心がければ
洗い桶がなくたってキレイになります。

 

そうすればキッチンもスッキリ片づくし
洗い桶の掃除をする必要もない。
置き場所にも困らない。

 

良いことだらけだと思いませんか?

 

水切りカゴ、三角コーナー、洗い桶がなかったら・・・

水切りカゴも、三角コーナーも、洗い桶も、
どれも便利なグッズであることは間違いありません。

 

でも、便利だからと言って
絶対に使わなくちゃいけないモノでもありません。

 

もしこの3つがなかったら・・・
本当に困っちゃいますか??

 

もちろん人それぞれいろいろな基準があるから
これらのグッズがあることで家事が効率的にはかどったり
使いやすいと感じるのであれば
それは使った方がいいんだと思うのです。

 

でも私のように
掃除が苦手、
ズボラ、という場合・・・

 

そのグッズがあることが
逆に面倒だと感じるのであれば
思い切って処分してみてもいいと思うんです。

 

私はこの3つのグッズを処分して
困ったことはありません。

 

むしろキッチンがスッキリして広々して
作業がしやすいと感じています。

 

一見、便利なモノでも
実際には掃除などの手間がかかるのです。

 

「持たない」という選択肢が
必要な時もあるんじゃないかと私は思うのです。

 

「周りが使っているから」で選ぶのではなく
自分が使いやすいのか、
逆にストレスになるのか、といった

 

『自分の気持ちを大切にした暮らしの見直し』が
必要なんじゃないかと思います。

 

☆いつも読んでくださって、ありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!