スポンサーリンク

毎日の家事、とても大変だけど
家をキレイに保つためには大切な作業です。

 

でも、そんな大切な家事ですが
ストレスになることもあるんですね。

 

私は面倒くさがり屋なので
色々なモノがたくさん置いてあると
掃除がイヤになってきます。

 

だから、モノを極力減らし
掃除をしやすい環境にすることで
家事ストレスは大幅に減りました。

 

今、ストレスに感じている家事はありますか?
どんなことをするときにストレスを感じていますか?

 

日々の家事ストレスを減らすには
毎日感じているストレスについて良く考えることが必要なんです。

 

なぜストレスに感じるのか?

このことを突き詰めて考えてみてください。

 

きっと答えが見つかるはずなんです。
そしてそのストレスの原因を取り去ればストレスを減らすことができます。

 

家事ストレスを減らすには「モノを減らす」

家の中にモノが多ければ多いほど家事は大変になります。

 

キッチンの調理台にゴチャゴチャとモノが置いてあったら
調理はしづらいし片づけもしづらい。

 

いつもテーブルの上にゴチャゴチャとモノが置いてあったら
食事ができないし、ゆったりとお茶を飲むこともできない。

 

これは当たり前のことですよね。

 

調理もしづらい、掃除もしづらいと感じているのなら
モノを片づければいいだけなんです。

 

だけど、そのシンプルな答えに気がつかず
お片づけグッズを使ってみたりするから
余計に片づかなくなるのです。

 

答えはシンプルです。

 

掃除が面倒だ、
そこでゆったりしたいけどできない、
と感じる場所のモノを片づけることです。

 

モノを減らすことが時短になるのです。
モノが多ければ多いほど、家事も大変になります。

 

家事ストレスを減らすには「動線を考える」

スポンサーリンク

モノが多ければ、まずはモノを減らすことを考えてください。

 

その次にやることは「動線」を考えることです。

例えば洗濯だったら洗濯物を洗って干して取り込むまでの導線を
良く考えてみることをおすすめします。

 

どうしたら自分がスムーズに家事ができるのか?ということを
良く考えることが大切なんです。

 

洗濯ハンガーはどこに置いておけば、干しやすくなるのか?
洗濯物を取り込んでたたんで、それぞれの衣類はその後どうしようか?

 

こういうことも動線を考えるということになります。

 

もし、家族で家事を分担しているのなら
その担当者がどうしたら家事をやりやすいのか、を考えるのです。

 

家事動線を考えるときに大切なことは?

我が家の例でお話をさせて頂きますね。

 

例えば、これ。スチーマーです。
洋服のしわ取りに活用しています。

まず、第一に考えることは
このスチーマーをすぐに使えるようにすることです。

 

そのため、箱から出しておくことでサッと使えるようになります。
ついでに説明書と付属品も一緒に入れてあります。

 

でも、置き場所に問題がありました。

 

ずーっと、この押入れの奥に入れておいたんです。
だからスチーマーを取り出すのが面倒になってしまって
ついついしわ取りを後回しにしていました。

この場所だとわざわざかがんで取り出す必要があるのです。
それが面倒で、せっかく買ったのに使わない日々が続きました。

 

これではいけない!と思ったので
いつでも取り出しが簡単な場所へスチーマーを移動。

 

ここです。
扉を開けた瞬間に目に飛び込んでくる場所です。
ここならパッと目に入るし、出し入れも簡単。

取り出しやすくなったのは言うまでもありません。

 

ちなみにこちらのカゴはIKEAのもの。

>>>IKEA RISATORP リーサトルプ

取っ手付きなのでカゴごと出し入れできるようにしました。

 

我が家のスチーマー置場ですが、ほんのちょっと場所を変えただけ。
同じ押入れの中なのですが、
目に見える場所にあると出し入れが簡単になり
「よし、やろう!」という気持ちになるんです。

 

たったこれだけの差なんですが、
これが家事動線を考えるということだと思うんです。

 

ちょっと面倒だな、っていうところはありませんか?
それはなぜなんだろう?と、よく考えてみてください。
考えることで面倒だと感じる理由が見えてきます。

 

まずは、ほんの少しの変更で変わりそうなところを見つけてみましょう。
今ちょっと面倒だと感じていることやモノがあれば
それがどうして面倒に感じるのかを検証してみましょう。

 

こういうちょっとした家事動線が
もっと暮らしをラクにしたり、簡単にしてくれると思うのです。

 

まとめ

家事ストレスを減らす方法はこちらです。

 

・モノを減らす

・家事動線を考える

 

一番大切なのは「モノを減らす」こと。
モノが多ければ多いほど家事は大変になるのです。

 

家事ストレスを感じているのなら
まだまだモノの見直しが必要だということです。

 

モノが減ることで、ホコリも溜まりづらくなり掃除機がけも簡単になります。
モノが減ることで、キッチンの掃除や片づけがラクになります。
モノが減ることで、自分がラクになるのです。

 

家事動線を考えるのは、モノを減らしてからです。
モノを減らしただけでかなりラクになるはずですが、
もっと効率的に家事をしたくなったら動線を考えてみてください。

 

家事ストレスは今より減らすことができるんです。

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!