スポンサーリンク

子どもの普段着選びって
意外と大変ですよね!

我が家には小学3年生の女子がいます。
普通の公立校に通っていますから
制服などはありません。

 

毎日、私服で登校しています。

 

そんな中、
私が今まで自分の服
家族の服片づけてきて
わかったことがあります。

 

それは、
『子供の服も多く持つ必要はない』
ということです。

 

自分の服も夫の服もそうですが、
そんなにたくさんの服は持っていません。
でも、毎日十分に機能してくれています。

 

子どもも同じです。
たくさんの洋服を持つ必要なんてないんです。

 

今日は小学生女子の
普段着について
考えてみようと思います。

 

小学生女子に必要なワードローブとは?

小学生女子に必要なワードローブってどんなものだろう?
どんなアイテムを揃えておけば便利なんだろう?

以前、こんなことを考えたことがありました。

 

そこで、まずは自分の子供が
どんな服が好きなのか
どんな服が着やすいのか
を考えました。

 

我が家の小3女子の場合は、
・おしゃれな柄物やワンピースが好き
・動きやすいパンツスタイルも好き
・デニムは苦手
・汗っかきのため、脇汗や膝の裏側の汗を吸わないような
 ノースリーブ・膝上のボトムスはNG

ということがわかりました。

 

それにプラスして、
小学生女子にふさわしい服装も考えてみました。

 

小学生らしい服装

・あくまでも学校に行くための服なので華美になり過ぎない

動きやすい服装

値段が高すぎない

 

・・・と、
私はこんなイメージを思い浮かべました。

 

娘の好み動きやすさにプラスして
私の考える小学生女子
服装を合わせて考えた時、

 

これがあれば
goodなんじゃないかと考えた
ワードローブがこちらです。
年間を通して、
これくらい持っていれば困らないと思う枚数です。

 

・トップス(Tシャツやブラウス、ニット)5~6枚

・カーディガン 2枚

・パンツ(ズボン)3~4枚

・スカートまたはワンピース 2~3枚

・アウター 1~2着

・スニーカー 1~2足

 

このワードローブは
あくまでも私の意見です。
これが揃っていたら、
着るものには困らないだろうと思います。

 

もっと絞り込んで数を減らしても良いかもしれません。

 

小学生女子に必要な洋服の枚数は?

スポンサーリンク

ちなみに、
我が家の小3女子の春夏用ワードローブを見てみましょう。
こちらです。

右2列は長袖、厚手のパンツ等です。
冬~春にかけて。
左2列はこれからメインになる夏物。
春~秋の初めまで。

 

これからは左2列の服がメインになるので、
右2列の長袖服は別の場所へしまいます。

 

左2列(主に夏物)の枚数は、

・トップス(Tシャツ、ブラウス)7枚
・カーディガン1枚
・パンツ3枚
・ワンピース3枚
・アウター1枚(冷房対策)
・スニーカー2足

これが我が家の小3女子の夏物ワードローブです。
※写真に写っていませんが、今日学校へ着用している服の数も入れています。

 

写真の右2列の長袖などは、
いったん別の場所へしまいますが
また秋になったら着回すことができます。

 

もし秋になって
サイズアウトしていたら処分し、
新しいモノを何点か購入します。

 

ちなみに、
夏物のトップスの枚数が
7枚と少し多めですが、

 

これは2月下旬に購入した
半そでTシャツが2枚ほど
ヨレヨレになってきたので
先日ブラウスを買い足したためなんです。

 

真夏は汗びっしょりになるため、
着替えるという場合は
Tシャツを多めに
準備しておいてもいいかもしれません。

 

ワードローブのお話の中でも
お伝え済みですが、

 

私は『たくさんの服を持つ必要はない』と考えています。

 

我が家の場合は女子なので
そんなに激しく汚すこともありませんし、
着替えなどは考えなくても良いと思います。

 

で、先ほども書きましたが
私が考える洋服の枚数はこちらです。
これはあくまでも私の意見。
もっと少なくても着回しは十分に可能です。

・トップス(Tシャツやブラウス、ニット)5~6枚

・カーディガン 2枚

・パンツ(ズボン)3~4枚

・スカートまたはワンピース 2~3枚

・アウター 1~2着

・スニーカー 1~2足

 

ちなみに、
これは大人にも言えることなのですが
洋服をたくさん持っているからと言って
すべての洋服を着回せるわけではありません。

 

子どもも多く持ち過ぎることで
どの服を選べばいいのか
わからなくなることもあります。

 

お気に入りのスタイルを3~4通り作っておけば
それで毎日十分機能します。

 

また、
子供は着脱がしにくい服や
肌触りが苦手だと感じた服は
もう着たくなくなるようです。

 

我が家の小3女子も、
体育の時の着替えが
しづらい服などは着ませんし、
肌触りが気に入らない服は
「それザラザラしていやだ。」なんて
言ってきます。

 

そういう理由で買ったばかりの服なのに
すぐに着なくなったこともあります。

 

洋服を買いすぎて、
たくさんの服を揃えたのに
結局着る服はいつも
同じ
ようなものになったりしたこともあります。

 

もったいなくても
子供服選びでたくさんの失敗をしてきたからこそ、
子供の服は少なくていいと学べたんです。

 

お子さんの好きなテイスト
好きなアイテムなどは揃えてあげても
たくさんの服を揃える必要はありません。

 

子供服は必要な分だけ揃えて
たくさん着回して
シーズン過ぎたら処分する。

 

私はこれを心がけています。

 

洋服のしまい方にも一工夫を。

さて、先ほどと同じ写真を載せますね。

この左2列がこれからメインになる夏服です。

 

今回、右2列の長袖もまだケースに入りっぱなしになってました。
こんなふうに。

これだとゴチャゴチャすぎて
洋服選びも一苦労です。
何がどこにあるのかさっぱりわからない。

 

だから、こんなふうに片づけました。

これからメインになる夏物のみを入れました。
長袖を省いたことでスッキリとしています。

 

そして、ここで気をつけたことは、
子供が洋服を選びやすいようにすることです。

 

このクローゼットケースの引き出しを開けた時
上から見下ろす感じになります。

 

その時に、洋服が全部見渡せるようにすると
子どもも自分で服を選びやすくなります。

 

例えば、こんなふうにしまってあったら・・・
一番上の服はわかりますが、
下には何が入っているのか見えません。

そのため、一番上の服ばかりを着るようになります。
洗濯をしてもその服を一番上に置いてしまったら
また同じものを着てしまうのです。

 

もう一度、比べてみましょう。

左の入れ方のほうが、
全部の服が見渡せるのです。
だから、
このように立てて洋服を
しまうようにすると
洋服が全部見えるので、
子供は選びやすくなります。

 

これも、人それぞれ
やりやすい方法で良いのですが
私の場合は、
子供の服はこのようにしてしまっています。
※ちなみに私の自分の服は右の写真のようにしまってます。
 大人の服を立ててしまうのはちょっと難しかったのです。(笑)

 

そしてもう一つ、

この引き出しに入る分しか服を持たない
ということです。

 

もちろん季節外の服は別のところにしまってありますが
今着るものは、ここに入るだけというルールを作っています。

 

この引き出しに入る分だけ、というのが
アウターと靴を除いた、
これらの枚数なんです!

・トップス(Tシャツやブラウス、ニット)5~6枚

・カーディガン 2枚

・パンツ(ズボン)3~4枚

・スカートまたはワンピース 2~3枚

 

引き出し1つに収めれば管理もラクですし、
子供本人も洋服選びがしやすくなるんです。

 

ちなみに我が家は無印良品のクローゼットケース引き出し式を使っています。

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!