小学生の勉強

我が家の小5の次女・・・
小学5年生になってから

「算数がわからない!難しい!」

と、嘆いています(笑)

 

だから、いろいろと
ドリルを探してみたところ、
とても良いドリルを見つけたので
土日を中心に取り組んでいます。

小学5年生から急に算数が難しくなる!?

高学年になってくると
急に算数が難しくなってきて
子供に教えてくれと言われても
わからない・・・

 

私は毎日そんな感じで
今でも悪戦苦闘しています(笑)

 

もともと私も算数・数学は苦手なので
子供に教えるのにも一苦労・・・

 

でも、わからないままにしておくと
中学生になったら
まったくついていけません。

 

小学5年生の算数って
図形や割合など、
肝心な部分が多いから
ここでつまずくと後で影響が出てきます。

 

だから、できないものは仕方ない・・・と
諦めるよりも、
後で苦労しないようにしておきたい!と、
考えました。

 

小学5年生の算数でつまずいてるから塾に行く?我が家はドリルで。

あまりにも算数がわからないという
次女なのですが、
できないから「塾に行こう」というのは
私はちょっと嫌でした。

 

塾に行ったから絶対にできるようになるとは
限らないですし、
そもそもお金もかかることですから
パッとは決められません。

 

ということで、まずは
自宅で取り組めるドリルを探すことに。

 

本屋さんに行くと
もうドリルがたくさんあり過ぎて
逆にどれを選んだらいいのか・・・
気が遠くなるような感じです。

 

そんな時に、
百ます計算でお馴染みの陰山先生を思い出し
陰山先生のドリルを中心に探してみましたら
とても良いドリルを見つけたのです!

スポンサーリンク

 

小学5年生の算数が難しいから選んだおすすめドリルはこれ!

まずはこちら!

 

新版5年生の国社算理[改訂版]たったこれだけプリント 陰山メソッド [ 陰山 英男 ]

 

こちらのドリルは算数だけじゃなく
国語、社会、理科も含まれています。

 

ですが!
小学校5年生で習い、
覚えるべき内容を厳選してあるドリルなので
これをしっかりと学習すればOK!

 

何度も反復練習をすることが
大切だそうですよ!
年度末にこちらのドリルを進めれば
1年間の復習にもなりますね!

 

だから、我が家は直接ドリルに
答えを書き込むことはしません。
ノートに書けば、何度も繰り返し使えます。

 

今ご紹介した
「たったこれだけプリント」を学習し、
ちょっと苦手だな・・・
もっとこの部分をしっかりやりたいな・・・

 

というときには、こちらの
「ニガテ克服シリーズ」がおすすめ!

 

陰山メソッド 徹底反復 ぶんすうプリント 8割の子がつまずく!ニガテ克服シリーズ(3) (陰山英男の徹底反復シリーズ) [ 陰山 英男 ]

 

陰山メソッド 徹底反復 ずけいプリント 小学校1〜6年 8割の子がつまずく!ニガテ克服シリーズ(8) (陰山英男の徹底反復シリーズ) [ 陰山 英男 ]

 

他にも少数や単位のドリルもあります。

 

国語関係もありますので
算数だけじゃなく他の学習にも
力を入れたい人にもいいと思います!

陰山メソッド 徹底反復 ぶんしょうだいプリント 小学校4〜6年 8割の子がつまずく!ニガテ克服シリーズ(6) (陰山英男の徹底反復シリーズ) [ 陰山 英男 ]

 

我が家も苦手な算数を克服すべく、
陰山先生のドリルを購入して
取り組んでいます!

 

子供に算数の質問をされたら、ある程度は教えられるようにしておく。

私ははっきり言って
算数・数学はまるっきりダメです!(笑)

 

しかも、もう40代ですから
基本的な計算以外、忘れています。

 

だけど、子供に聞かれたとき、
ある程度は教えてあげられないと
子供だって、
宿題をするにしても
家庭学習をするにしても
わからないままにさせてしまうと思ったんです。

 

だから、親である私がまず
学習をしなくちゃいけない!
そう思いました(笑)

 

できる範囲でですが、
陰山先生のドリルを
私も取り組むことにしました。

 

自分が理解していないと
子供に聞かれても説明ができないので
そうしています。

 

間違いもありますが、
陰山先生のドリルは
説明もわかりやすいので
助かっていますよ(笑)

 

まずは子供と一緒に頑張って
算数苦手を克服できたらいいなと
考えています!

 

まとめ

我が家の小学5年生の次女が
算数がわからないとしょっちゅう言っています。

 

宿題の時には私も一緒になって
悩むことも多いんですが(笑)

 

まずは塾に行く前に
家でドリルをやってみようと考えました。

 

陰山英男先生のドリルは
とても分かりやすく、見やすく、
大切なことがまとめられているので
取り組みやすいのが特徴です。

 

そして、親である私自身も
しっかりと教えてあげられるように
同じドリルを解くことにしました。

 

しっかり自分が理解しないと
説明ができないからです。

 

算数苦手が克服できるのかどうかは
まだまだわかりませんが、
算数のつまずきをそのままにしておいたら
この先もっとわからなくなってしまう。

 

その前にできることは
しておきたいなと思っています。

 

☆いつも読んでくださって、ありがとうございます☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!