ラテマネーって
専業主婦の私には
あんまり関係ないように
思っていましたが・・・

 

実は大いに関係ありました!

 

そのラテマネー節約したいと
思い立ち、
今はいろいろな工夫をしています。

 

もちろんケチケチしていません。

 

おいしい、とびきりのものが
飲みたくなったら
その時はそれをありがたく
美味しくいただきますが、

 

普段の暮らしの中で
必要のないラテマネーは
使わない
と決めたのです。

 

それはあることがきっかけでした。

 

そのあることとは?

我が家は休日に出かけることが多いです。

 

特に冬場になると
寒さと乾燥で喉が渇き、
暖かい飲み物が欲しくなります。

 

そんな時には
なんとなくカフェに立ち寄って
テイクアウトでコーヒーや紅茶を
買うことが多くなっていました。

 

私はコーヒーが苦手で、
なおかつ甘い飲み物は飲まないので
いつも注文するのはホットティーです。

 

夫はコーヒー。

 

カフェチェーンのお店で
紅茶を買うと、
安くても300円前後するんですよね。

 

お湯とティーバッグが入っているだけの紅茶が。

 

300円で飲める紅茶だから
お湯とティーバッグって当たり前なのかも
しれませんが・・・

 

お湯とティーバッグって・・・(笑)

 

このお湯とティーバッグに300円って
私はお金払いすぎじゃない?!って
思ったんですね。

 

ただ単に喉を潤すだけなら
コンビニでミニボトルのお茶を
買ったほうが安上がりですね、この場合。

 

もし夫婦二人分のテイクアウトでも
なんとなく買った飲み物だけで
最低でも600円はするわけです。

 

これを週末にやっていると・・・

 

毎週末ではないにしろ、
けっこうな金額になってしまいます。

 

これは、私にとっては無駄遣い
単なるティーバッグに
1杯300円は高すぎるのです。
(おいしい紅茶なら別ですが、
 ただ喉の渇きを潤すためだけなので)

 

おうちで飲んでいる紅茶のほうが
紅茶のお店で買った茶葉だから
おいしいわけです。

 

家でも飲めるような
ティーバッグの紅茶に
300円を払うのなら、
自分でティーバッグを買って
自分で入れればいいじゃないかと
思いました。

 

それからは、
自分であるものを用意して
外出時には持参しています。

 

そのおかげで
ちょこちょこ使っていた
ラテマネー無駄遣い
減りました!

 

ラテマネーって簡単に言うと?

節約術などを読んでいると
ラテマネー」という言葉が
よく出てきます。

 

ラテマネー」とは
簡単に言うと、

「日常でなんとなーく使ってしまっているお金」

のことらしいです。

 

「ラテ」というくらいですから、
もちろんコーヒーを毎日1杯ずつ
カフェで飲んでいると・・・という
計算をしていくと膨大な金額になるという!

 

ただ、このラテマネーは
コーヒー以外にも
無意識に使ってしまっているお金を
さすようですので、

 

普段の暮らしの中で
そういえば必要ないけど
よく買ってしまうもの・・・
なども含まれると思います。

 

つまり、

「安物買いの銭失い」ならぬ

「ちょこちょこ買いの銭失い」だ

思います(笑)

 

私はこの
「ちょこちょこ買いの銭失い」で
散財していたことになります!

 

ラテマネー節約方法。2つの工夫

スポンサーリンク

ということで、
先ほどのティーバッグ紅茶の件は
我が家にとっては
まさにラテマネーです!

これを何とかしたい!
節約したい!

 

ということで、
我が家では2つの工夫を
行っています。

 

ラテマネー節約のための工夫。その1

我が家では外出時用に
こういったグッズを常備!

 

100均で買える
耐熱用のペーパーカップ!

3つで100円のものもあれば
5つで100円のものもあります。

 

そして、
紅茶やお茶のティーバッグや
夫用のコーヒーを準備。

いつも家で飲んでいるもので十分です。

私は車の中で準備するので
ドリップコーヒーよりは
粉のコーヒーのほうがやりやすいです。

 

我が家の場合は
子供たちもお茶を一緒に飲むので
水筒に直接コーヒーを作ったりせず、
車の中で作るスタイルにしています。

 

以前、
お茶を入れていったら変色して、
それが嫌で、それ以来水筒の中に
コーヒーやお茶を入れるのをやめました。

熱いお茶を保温するとなるようですね。

 

だから、水筒にはお湯を入れて。

それからビニール袋も忘れずに。
使ったティーバッグやごみ入れになります。

 

砂糖やミルクを入れないから、
混ぜるモノは要りません。

 

もし必要ならマドラーや
かき混ぜられるものがあると便利。
割りばしとかでもいいですかね。

 

・・・とこんなものを
外出時に持って出掛けます!

 

我が家は車での外出が多いので
車の中でホットドリンクを作って
飲んでいます。

 

公園などに行く時にも
ピクニック気分になっていいですよ!

暖房で乾燥するので、
行きと帰りに1杯ずつ飲めるように
準備しています。

 

ラテマネー節約のための工夫。その2

電車で移動の場合などは
大荷物は無理ですから
水筒ペットボトルの持ち歩きになりますが、

ペットボトルはなるべく事前に
スーパーで安く購入
するようにしています!

 

市内にあるドラッグストアでは
500mlのお水が安く買えるため、
そのお水をお出かけ用に買っています。

 

特に冬場は常温のお水や麦茶があると
子供用には役立ちます。

 

いざというとき以外は
コンビニや自販機では買いません。

 

同じペットボトルでも
仕方ない場合を除いては
自分で事前準備をすることで
ラテマネーの節約になります。

 

ほんの少しの工夫と意識でラテマネーは減らせる。

暑い時期だったら
水分補給は常にするので
大きい水筒を持ち歩きますが、

 

冬はそこまでの荷物はかえって邪魔。
コートなども着ているため
動きづらいですし。

 

でも乾燥で喉は渇く。

 

ということで
ちょこちょことカフェのテイクアウトで
ラテマネーを使ってました。

 

でも、
紅茶しか飲まない私にとって
単なるティーバッグとお湯だけ渡される
あのカフェの紅茶に
300円近くを払う価値があるのか?と
考えたとき、

 

これはもったいなかもしれないと
気が付きました。

 

もちろん、カフェでゆったり
くつろぐのを目的としているのなら
私はそこにお金を支払いますが、

 

ただ、ちょっと喉が渇いた・・・

 

というだけで
お金をちょこちょこ使っていては
もったいないと感じるようになったんです。

 

どうせカフェの紅茶を楽しむなら
それはお楽しみの時に
高くてもおいしいお茶を飲みたい。

 

毎週夫婦で600円の
ラテマネーを使っていたら、
月に一度でも
カフェやホテルでケーキセットを
たまの贅沢で楽しめちゃいます。

 

同じお金を使うなら
私はこっちに使いたい!

 

お金の使い方には
人それぞれの考えがありますが、
私はたまの贅沢にお金を使いたいので
それ以外は工夫しています。

 

必要か、必要じゃないか、考え方はシンプル。

暮らしもファッションもシンプルに
したいという私なのですが、

 

考え方だってシンプルでいいと思います。

 

私には
なんとなくで買った
テイクアウトの紅茶300円は
もったいないと感じるので
「必要ではありません」。

 

これは無駄なラテマネーです。

 

しかし、
友達と久々に会う時のカフェ代は「必要」
夫とたまに外出するときのカフェ代も「必要」
家族で遠出して見つけたカフェ代だって「必要」
なのです。

 

だから
同じカフェ代だとしても
「必要」だと感じる使い方と、
「必要ではない」使い方があるのです。

 

その時その時で、
必要性は変わってくる。

 

だからこそ、
「必要ない」ラテマネー
しっかりと意識しておく。

 

惰性でお金を使っていくのは
嫌だなぁと感じます。

 

気をつけなくちゃ!!

 

まとめ

私は基本的に
外でお茶をすることって
限られているのですが、

 

家族や夫と出かけたときには
ついつい財布のひもが
ゆるくなってしまう・・・ことも
あるんですね。

 

最近多くなってしまっていたのが
なんとなくで買ってしまっていた
テイクアウトの紅茶代。

 

おしゃれなカフェで紅茶を買っても
300円はするんです。

 

ただ喉が渇いただけで
この300円は私にとっては
完全なラテマネーです。

 

お茶以外にも
なんとなくで使っている
ラテマネーはないかな?と
一つずつ確認していったら
何か節約できる部分が見つかるかも!

 

外出時には
耐熱カップとティーバッグのお茶や
コーヒーを入れています。

 

それだけでかなりの節約になっていますよ!

 

 

そのほかの我が家の節約はこれ!

外食がしたい!でも節約もしたい!外食しない方法、外食を減らす方法は?

 

我が家のシンプルなルールが、結果的に節約になっている。

 

家族レジャー費の3つの節約ポイント!楽しくラクに節約する方法とは?

 

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!