冬の洋服って
ものによっては
毛玉ができやすかったりして
困った経験はありませんか??

 

我が家には2種類の
毛玉取りグッズがあり、

 

100均一で買った毛玉取り器と、
職人さんが作った毛玉取りブラシ
使用中です。

 

どう使い分けるのかというと、
子供の服や普段着などには
100均の毛玉取りを、

 

ちょっと奮発して購入した
ニットやコートなど、
優しく傷つけずに扱いたい服には
毛玉取りブラシを使っています。

 

ということで、
我が家で使っている
毛玉取りグッズについて
ご紹介したいと思います!

 

簡単に毛玉が取れる100均の毛玉取り器!

我が家が購入した毛玉取り器
ダイソーのもの。

 

100均と言えば
カラフルなものが多い中、
たまたまこちらのグレーカラーが
売っていたのでラッキーでした!

 

実はこちらの
ダイソーの毛玉取り器
結構人気があるらしく
いろいろなブログ等で
目にすることも多いのですが、

 

実際に使ってみると、
毛玉がバリバリと取れていく!!

 

とっても優秀な毛玉取り器だと
私自身は思っています!

 

実際に100均の毛玉取り器を使ってみると・・・

例えば・・・
これ、我が家の子供のパンツ。
洋服の数が少ないので
週に3回ほどはくのですが・・・
ご覧の通り毛玉ができてきました。

これだと子供でもやっぱり
恥ずかしいらしく(*ノωノ)
毛玉取り器でキレイにしたいと思います!

 

スイッチを入れて毛玉の部分に当てるだけ。

1分ほどでご覧の通り
毛玉が取れてキレイに!!

これなら子供も恥ずかしくないでしょう(笑)

 

100均の毛玉取り器について

我が家で使っているのは
ダイソーの毛玉取り器

 

こちらは、電池式ですので
毛玉取り器のほかに電池が必要。

あとは、こちらの部分に
ゴミがたまる仕組み。
そのためこまめなゴミ捨ても必要。

ということで、
110円でこれだけの仕事を
してくれるのはいいなと
私は感じています。

 

・・・が!!

 

今使っている毛玉取り器を買う前に
同じものを買ったのですが、
それは電池を入れても全く動かず・・・?!

 

ということで新たに買い直したのです(*´Д`)

 

やっぱり安いものなので
当たりはずれがあるのも
否定できないなぁと思います。
たまたまだとは思いますがね(笑)

 

ただ、とても便利なので
壊れたりしても
また買いたいと考えている毛玉取り器です。

 

チャチャっと毛玉を取りたい!
普段着用に毛玉取り器があったらいいな!

 

なんて時に、
試してみる価値はありそうです!

 

より大切な衣類には職人が作った毛玉取りブラシを使用!

スポンサーリンク

普段着やそのシーズン着倒すつもりの
洋服の毛玉取り
100均の毛玉取り器を使いますが、

 

そうではない衣類、
カシミアのセーターや
ちょっと奮発して買ったコートなどには
上記写真の毛玉取りブラシを使用します!

私が持っているのは浅草アートブラシさんのもの。

浅草アートブラシ公式オンラインショップ

 

もちろん、楽天でも購入可能!

浅草アートブラシ かんたん毛玉取りブラシ・匠 B000099

※こちらのタイプは我が家にあるタイプ。
 毛玉取りにもいろいろあるようなので
 公式ショップで
確認してみてくださいね!

 

こちらのブラシは名前の通り、
「Made in 浅草」です!!

 

子供のニットの毛玉を取ってみた!

浅草アートブラシの毛玉取り
子供のニットの毛玉を取ってみました!

 

袖のところが少し毛玉に・・・

 

ということで試しに
写真左側はブラシを、
写真右側は100均を使って
毛玉を取ってみました。

どちらもきれいに取れています。

 

ちなみに、
浅草アートブラシ毛玉取りブラシ
ブラシクリーナーがついてきたので
それでブラシに絡んだ毛玉の掃除が可能。

 

電池式の毛玉取り器の注意点!

浅草アートブラシの公式ショップに
こんな注意書きがしてありました!

毛玉を切り取ってしまう電池式の物は、毛玉の無い部分の繊維までカットしてしまい、衣類のボリュームが減り、ふんわり柔らかなニットの風合いを損ねてしまいます。

浅草アートブラシ公式オンラインショップより引用

 

えっ?!それはマズい!!

 

ということで、
私も以前このことを知り
特別大切にしている衣類に対して
浅草アートブラシの毛玉取りブラシ
使うようになったのです。

 

それまでは、大切な衣類も
電気屋さんで購入した
毛玉取り器を使っていたので・・・
(仕組みは100均と同じようなものでした。)

 

100均の毛玉取り器で
毛玉を取るってことは
その洋服は大切じゃないのか?!というと
それは違って、

 

ただただ、面倒くさがり屋なので
消耗品と考えているものには
100均の毛玉取り器を使ってしまう、
というわけです。

 

ブラシだとどうしても
丁寧にやるため
時間がかかりますので・・・(笑)

 

ということで、
この写真を見てみるとわかるのですが

中身は毛玉を取った後の繊維がたっぷり!
これが余計な繊維まで切ってしまっている、
ということなのでしょう。

 

電池式の毛玉取り器を使う際には
このことをよく理解したうえで
使用するのが良さそうですね!!

 

まとめ

冬の服って、どうしても毛玉ができやすい。

 

そんな時にあると便利なのが
毛玉取りグッズです!

 

我が家で使っている
100均の電池式毛玉取り器
職人の毛玉取りブラシ
ご紹介しましたが、

 

私は使い分けて使っています。

 

やっぱり電池式のものは
毛玉が取れるスピードが違うので
ササっと済ませたいときに便利ですが、
余計な繊維まで切ってしまうという
デメリットもあるようですし、

 

職人の毛玉取りブラシは
大切な衣類には必要ですが、
丁寧に毛玉を取るという時間も
必要になります。

 

どちらにも良さがあり
どちらがいいとは言えないので
我が家では2種類を
使い分けています。

 

今日ご紹介した
浅草アートブラシの毛玉取りブラシ
こちらでチェックしてみてくださいね!!

浅草アートブラシ公式オンラインショップ

 

もちろん楽天でも購入可能!

浅草アートブラシ かんたん毛玉取りブラシ・匠 B000099

 

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!