私はミニマルな暮らしがしたい!
だから自分が「要らない」
感じたものは処分してきました。

 

ただ、
よく「要らないものは捨てよう!」と
言われているけれど、

 

何を捨てたらいいのかさえ
わからない・・・、
なんて人もいるかもしれません。

 

ということで、
要らないもの」の判断の仕方を
考えてみようと思います。

 

ちなみに、
これはあくまでも
わたくし「りょうこ」のやり方です。
参考にしていただけたらと思います。

 

「要らないもの」とは?

では、「要らないもの」って
どんなものなのでしょうか?

 

私の場合の要らないもの
挙げてみますね。

 

・まったく使っていない。
 これからも使わない。

・使っていたけれど壊れた、汚れた。
 直して使うことも難しい。

・まだ使えるけれど使う頻度が減った。

・人前で使う、または着ることが
 恥ずかしい。

・邪魔になるもの。
 掃除がしづらくなるもの。
 埃がたまるもの。
 空間が狭くなるもの。
 ゴチャゴチャするもの。

 

こういったものは
私の中では「要らないもの」に
分類されます。

 

ですから、
これらに当てはまるものは
捨てる」という判断になるのです。

 

こういった判断基準があるだけで
モノは捨てやすくなると思っています。

 

もちろんそれが邪魔なものであっても
自分が大切で捨てたくないのであれば
無理に捨てたりはしないことも
付け加えておきます。

 

「要らないもの」を取っておいたらどうなる?

例えば、
先ほど挙げた
要らないもの
判断されたモノたちを
捨てずに持ち続けていたら、

 

当然モノは多くなります。

 

そして、
今持っているモノだけでなく
モノは買い足したり、もらったりして
増えていくわけですから、
むしろ増え続けていくのです。

 

だからこそ、
時々は「要らないもの」の
見直しって必要なんだと思います。

 

要らないものって何だろう?」
捨てるべきものがわからない・・・」

 

そんな時には
自分にとってはどんなものが
要らないもの」なのかを
よくよく考えてみてください。

 

要らないもの」を持ち続けることで
家の中はモノでいっぱいになってしまうのです!

 

「要らないもの」を最初から持たないようにすることが目標。

そもそも「要らないもの」が
家の中にあること自体、
ちょっと嫌だなぁと
思うことがあります。

 

最初から「要らない」ものを
持たなければ、
それほどモノが増えることも
そして捨てなくてはいけなくなる
ということもありません。

 

でもやっぱり私は
要らないもの」も
たくさん買ってきたし、

 

ミニマルな暮らしをしたいと
思っている今だって、
不要なものを買ってしまうことは
たくさんあるのです。

 

お気に入りの少ない服で暮らしたいのに
服選びで失敗することも
まだまだありますし、

 

自分にとって何がベストなのかも
迷ったりするのです。

 

だから
要らないもの」を最初から
持たない、買わない、
というのは難しい。

 

けれど、それが目標でもあります。

 

失敗しながら
でもやっぱり最終的には
自分が「これが私らしい」と
感じるモノを持ちたいと思います。

 

本当にモノ選びというのは
毎日が訓練という感じです(笑)

 

最近の「要らないもの」はこれだけあった!

スポンサーリンク

 

最近、急に思い立って
「要らないもの」
片づけをしてみました。

実は、壊れて使っていない
バッグがあることを
思い出したからです。

 

私のバッグ入れは
押入れの枕棚に置いてあります。
こんな感じで。

そして、この中に
壊れていたバッグ、
それ以外にも
子供の工作で使うと思い
取っておいた空き箱やラップの芯、
使っていない手袋など
いろいろ出てきました!

こんなにたくさん
「要らないもの」が眠ってました。

 

もうこれらは、
私には「要らないもの」です。

 

壊れてしまったバッグは
一度自分で修理しましたが
やはりまた部品が取れてしまい
使い勝手もあまりよくないので
この際処分します。

 

子供の工作で使うと思った
空き箱なども
使う時に準備すればそれでOK。
いつ使うかわからないものを
持っている必要はないと思いました。

 

ほかの手袋やら
こまごましたものも
1年以上はここに眠ったまま
使っていません。
ということは、今後も使わない!

 

こういった、
「要らないもの」は処分です!

 

それから、これ以外にも
こちらの靴を処分

お気に入りでよく履いた
バレエシューズ。

 

よく履いただけあり、
つま先が剥げていたのです。
これってどうでしょう?
この靴では私は恥ずかしいです・・・

でも、近くの買い物などには
履いていっていたのです。
内心は「これもう恥ずかしいな」と
思いながら。

 

使い勝手がよく
どの服にも合わせやすいカラーで
重宝していたので
より捨てづらい気がしていたのです。

 

ただ、「履いていて恥ずかしい」
思った時点で
もうその靴はきっと役目を終えています。

 

履く機会は減りますし、
ただ靴箱に入っているだけなら
早く処分したほうがいいです。

 

だから今回思い切って処分です。

 

このようにして
わたしは「要らないもの」
定期的にチェックしています。

 

「要らないもの」は処分しても困ることはほとんどない。

今回の「要らないもの」の片づけで
私はお気に入りのバッグと靴を
処分しました。

 

けれど、まったく困っていないのです!

 

なぜ、お気に入りのものを処分しても
まったく困らなかったのかと言えば、
理由はこうです。

 

バッグは一部の部品が壊れていて、
修理もできるけど
それ以前に使い勝手が悪かったし、

 

靴はつま先の部分が
剥げてしまっていて
人前では履きたくないと感じていたのです。

 

お気に入りだけど
欠点もあったから
処分しても困らないのだと
私は感じています。

 

本当に大好きで使い勝手もよく
自分にとってパーフェクトなら
処分したら困りますから。

 

自分の周りを見回してみたとき、
いまあるモノたちは
本当に必要なものなのかどうか
改めて見直すことも必要かもしれません。

 

まとめ

「要らないもの」って
人によって違うと思うけれど、

 

でも「要らないもの」がなくなったら
きっと住まいはスッキリして
整うんじゃないかと思います。

 

「要らないもの」の
私の条件はこれです。

・まったく使っていない。
 これからも使わない。

・使っていたけれど壊れた、汚れた。
 直して使うことも難しい。

・まだ使えるけれど使う頻度が減った。

・人前で使う、または着ることが
 恥ずかしい。

・邪魔になるもの。
 掃除がしづらくなるもの。
 埃がたまるもの。
 空間が狭くなるもの。
 ゴチャゴチャするもの。

あなたにとっての
「要らないもの」の条件は何ですか?

 

それを考えたとき、
きっと答えが出てきます。

 

だからその答えに当てはまったモノは
自分にとっては「要らないもの」なのです。

 

「要らないもの」は結局は
必要のないものです。

 

私もいまだに買い物で失敗することが
多々あります。

 

最初から「要らないもの」を買うのではなく、
絶対に「必要なもの」、
自分にとってのベストなものを
初めから買えるようなモノ選びも
大切なんだと、

 

「要らないもの」を捨てるたびに思います。

 

なかなか、難しいことだけど
私はそうやって少しずつモノを
減らしてきました。

 

ミニマル(可能な限り少ない数)な
暮らしを送りたいから
これからも毎日がモノ選びの訓練です。

 

 

☆いつもありがとう!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!