スポンサーリンク

家族旅行って、
子供たちも楽しみにしているイベントですよね!

思いっきり楽しみたいとは思っていますが、
やはりそこには予算というものがあります・・・。

 

我が家は4人家族。
長女が中学生になってしまい
宿泊代も大人料金になってしまいました・・・(泣)

 

そんな我が家の節約ポイントは、ホテル代!

 

我が家は「旅行の宿泊費は抑える!」ということにしています。

 

理由は、
宿泊施設を楽しむというよりも
旅行先のおいしい食事や体験、
雑貨などのおみやげに
お金を使いたいんですね。
そして、できれば2泊3日で楽しみたい!

 

この希望を叶えるためには
宿泊代を抑えることポイントになります。

 

我が家がもう何年も
利用している宿泊施設だったら
宿泊代を抑えて
旅行を楽しむ
ことができます。

 

まだまだ小さなお子さんがいるご家族や
旅行にはそんなにお金をかけられないけれど
たまには旅行に行きたいと
考えている方にもピッタリですよ!

 

今日は我が家がよく利用する
宿泊施設をご紹介したいと思います。

 

ホテル代を抑えても家族旅行は楽しめる!どこにお金をかけるのか?

おすすめの宿泊施設をご紹介する前に、
我が家の旅の楽しみ方を聞いてください。

 

私たち家族は、
温泉宿が嫌いなわけではありません。
高級旅館が苦手なわけでもありませんし、
むしろ温泉が大好きなので泊まりたいくらいです。

 

でも、それらの宿を選ばない理由がいくつかあります。

 

「宿泊代が高すぎる」
「宿の食事が苦手」

 

おいしい料理や様々なサービスがあるから
料金が高いのは仕方ないのですが
私たち家族にはそこまで必要ない。

 

豪華な懐石料理も、
お酒を飲めない私たちには
あまり合わないんです。
朝食は魅力的なんですけどね(笑)

 

だったら、
自分たちの好きな
普通の家庭的な食事や
その地域の郷土料理を
楽しむほうがいい。

そうすると、
わざわざ旅館に泊まる
必要がなくなるわけです。
もう本当に素泊まりに近い感じです。

 

でも、それはそれで
食事処を探す楽しみや
温泉を探す楽しみができて
とても楽しい旅行ができます。

だから宿泊費をなるべく安くして、
それ以外のところで
お金を使いたいんです。

 

もうこんな形での旅行を
何年も続けています。

 

そう、旅行というのは
「家計」とおんなじなんじゃないか

と思うのです。

 

全ての費目にお金をかけるわけにはいきません。
お金をかけるべきところと
節約すべきところが
どのご家庭でもあると思うのです。

 

旅行で言ったら
我が家はその節約するべき部分が
「宿泊代」なのです。

 

でも、ご安心ください。
これからご紹介する宿泊施設は
安いからといって、
とんでもなく汚いとか
不潔だということはありません。

 

汚い部屋や不潔なモノが
大の苦手な私でも
普通に泊まれる宿泊施設をご紹介します!

 

家族旅行のホテル代を節約できる!『ファミリーロッジ旅篭屋』!

それでは、ご紹介します!
宿泊費を抑えたい我が家が
よく利用する宿泊施設はこちら!

 

ファミリーロッジ旅篭屋(はたごや)』です!!

 

ここ、本当に素晴らしいです。
宿泊費を節約したいご家族に超お勧めです!
ちなみに我が家はもう10回以上利用しています。

 

宿泊料金が素晴らしい!

例えば我が家4人家族が夏休みのトップシーズンに泊まった場合・・・

なんと、1日15,000円(税別)ですよ!

これは、1人の金額ではありません。
1部屋の料金です。
(人数によって料金が変わります。)

 

もし、これがトップシーズンではなかったら・・・
1日10,000円、
または12,000円で
宿泊できちゃうんです!
家族4人でこのお値段はかなり安すぎます。(値段は税別です)

 

ちなみに・・・
以前はなかったのですが
新たに「ピークシーズン」という区分が
追加になったようです!

 

こちらは、お盆などの時期が
ピークシーズン
に当てはまるようですね。
店舗によってもこの区分は変わりますので
必ずチェックしてくださいね!

 

この場合だと、我が家が4人で宿泊したら
1日2万円です!
ちょっとお高くなりますが
それでも他のホテルよりは安い!

 

※金額は値上げする可能性もありますので
 HP等で最新の情報をご確認くださいね!

 

宿泊の人数によって料金はかわりますので、
ファミリーロッジ旅篭屋(はたごや)』HPでご確認くださいませ!

 

ちなみに5歳以下のお子様は無料。
小さなお子様連れの方には嬉しいですね!

なお、「2018年9月1日のご宿泊より、幼児の定義を、5歳以下から未就学児に変更いたします。」との文言が書かれています。

 

お部屋もキレイ!バス・トイレ別が嬉しい!

お部屋はキレイです。
広くはないけれどバス・トイレが別なところが嬉しい!

 

クイーンサイズベッドが2台ありますので
我が家のような
大人2人、
中学生1人、
小学生1人、
という家族構成でも
ラクラク眠れます。

 

1つのベッドに大人2人が寝ても
広々してますので、余裕です。

 

もし、希望があれば
ベッドを1台1,000円(税別)
で追加することもできます。

 

小さいお子さんがいらっしゃる
ご家族の方が心配なのは
ベッドからの転落ではないか
と思うのですが、

 

我が家の場合は
2つのベッドとベッドの間を
詰めてしまうんです。

ひとつのベッドを押して、
もう一つのベッドにくっつける感じです。

これで転落防止になります。

 

寝相が悪いお子さんなどは
足元から落ちる可能性もありますが
そこはもう何かを置いて
ガードするとか、
気を付けていただくしかありません。

 

年頃のお子さんなどは
一緒に寝ることを嫌がるかもしれませんが・・・
気にしないのであれば
宿泊代を抑えられますし、
小学生くらいまでなら
全然嫌がることもないと思います。
こういう宿を賢く利用したいですね!

 

いろいろ揃ってる

お安いけど最低限のものは揃っています。
詳しくはHPをチェックしてみてくださいね!

 

ミニ冷蔵庫もあるので
我が家はいつもドラッグストアで
安く手に入れたペットボトルを持参。
こちらに入れておけばいつでも飲めます。

ハンガーもタオルもあるし、

テレビだってきちんとあります。

 

レジャー地に便利な場所にある!

ご紹介中の
ファミリーロッジ旅篭屋(はたごや)』は
日本全国にあります!

 

主にレジャー地に近い場所にあることが多いので
旅行に便利だと思います。

 

ファミリーロッジ旅籠屋が
どこにあるかを調べたうえで
旅行先を決める、
という方法も良いかもしれませんね!

 

我が家はいつもファミリーロッジ旅籠屋がある場所へ
旅行に行っています。
本当に安くて助かっています。

 

軽めのパン朝食があって嬉しい!

実はとっても宿泊費が安いのに
軽い朝食付きなんです!

 

もちろん、食べる・食べないは自由なのですが
数種類のパンとコーヒーやジュースがいただけます。

朝になるとロビーにパンが並びますので
時間内に自分で取りに行くというスタイルです。

 

本当にちょっとしたパンなんですが、
それでもどのお宅のお子さんたちも喜んでパンを取っていきます。
もちろん我が家の子供たちもです。

 

家族旅行はホテル代を上手に節約!小学生まで添い寝無料のホテルは?

スポンサーリンク

我が家が旅行を計画する時
まっさきに調べるのが
旅行先に
「ファミリーロッジ旅籠屋があるのか?」ということ。

 

でも、残念ながら
行程的にファミリーロッジ旅籠屋が
遠くなってしまう、とか
その地域にはない、ということもあります。

 

そんなときに利用するのは、
高くなってしまうけど温泉宿・・・ではなくて、
「ビジネスホテル」や「シティホテル」なんです!

 

ファミリーロッジ旅籠屋並みの
お値段というわけにはいきませんが
ビジネスホテルやシティホテルも
温泉宿と比べると宿泊費を抑えることができます。

 

和室の用意があるホテルもありますので
調べてみてはいかがでしょうか?

 

では、小学生まで添い寝無料のホテルをご紹介します!
(一部添い寝有料のホテルのご紹介もありますのでご了承ください!)

 

ドーミーイン

以前、とある場所の
ドーミーインを利用したことがありますが
とっても良かったですよ!

 

なんと、大浴場付き
私たちが宿泊したドーミーインは
天然温泉だったのでより嬉しくなりました。

 

朝食はバイキング
ご当地グルメもいただいて、
味もおいしいし朝から元気が出ます!

 

それからこれも素敵な特典なのですが、
「夜鳴きそば」をサービスで頂けますよ!

 

で、気になるお子様料金はこのようになっています。

全施設共通 ドーミーインのお子様料金
・0才~2才 1ベッドにつき1名の添寝 無料
・3才~小学生以下 1ベッドにつき1名の添寝 1,000円
・中学生以上 大人と同一料金

参照元:ドーミーイン、よくある質問

 

3才~小学生以下は添い寝1,000円ということで
有料にはなってしまいますが、
他のホテルよりはお安く泊まれるようになっていると思います。

 

もしファミリーロッジ旅籠屋が近くにない時は、
ドーミーインに泊まりたいと思うくらい
私はファンになってしまいました。

 

コンフォートホテル

なるべく格安に泊まりたい・・・。
でもファミリーロッジ旅籠屋が近くにない。
ドーミーインは気になるけど、
もう少しお値段を抑えたい・・・。
やっぱり小学生までは添い寝無料がいい!という方。

 

そんな時には、こちらのコンフォートホテルはいかがでしょう?

コンフォートホテル

 

全室禁煙で
無料朝食付き!
小学6年生までは添い寝無料!

 

ホテルですから部屋だってキレイだし
宿泊代を抑えたい方にはピッタリ!

 

ホテル東横イン

こちらも宿泊代を抑えたいご家族にぴったり!

ホテル東横イン

 

小学生以下は添い寝無料!
朝食無料サービス!

 

ご検討してみてはどうでしょうか?

 

まとめ

家族旅行って
子供たちはもちろん
私たち夫婦もすごく楽しみな行事のひとつ。

 

でもやっぱりお金がかかるものだし、
予算をオーバーしないよう
気を付けなければいけない。

 

そんな時、
「宿泊代をもっと安くできたら・・・」と思い
いろいろと調べるようになりました。

 

そして見つけたのが
ご紹介した宿泊施設です。

 

ご予約の際は、
ホテルのHPをよくご覧になり、
いろいろな注意事項をきちんとご確認の上、
ご予約下さいね!

 

豪華な旅館やホテルに泊まらなくても
思い出に残る旅行をすることは可能です!

 

私が提案しているのは
ケチケチ節約旅行ではありません!

 

お金をかけるところにはかけて、
必要ないと思うところは抑える
、という
旅のスタイルです。

 

ちなみに、我が家は
スーツケースを買わずにレンタルしています!

夏休み家族旅行のかさばる荷物は、スーツケースレンタルを利用する!

 

家族旅行
思い出深いものとなりますように!

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!