スポンサーリンク

 

我が家の夫、
たばこを吸います。

ですからライターを使うんですよね。

 

先日、使い終わったライターが
数個まとめて置いてありました。

 

こういうものは処分を後回しにすると
ずーっとやらないまま終わるので
さっさと処分しちゃおうと思いました。

 

そこで今日は
私がやっている
ライターのガス抜き方法
お知らせしようと思います。

 

家にある道具で簡単にできるので
溜まる前にパパッと
ガス抜きしちゃいましょう!

 

 

ライターのガス抜きに必要な道具はガムテープ。

ライターのガス抜きをするために
必要な道具はガムテープ
ガムテープさえあれば簡単にガス抜きができます。

面倒くさがり屋の私でも簡単にできますので
良かったら参考になさってくださいね。

 

やり方はとっても簡単
この写真のように
ガムテープを貼ればいいだけです!
以前処分方法に困った時に母に教えてもらいました。

 

ライター「ガス抜き」のコツ!

カチッと押す部分にガムテープを張る!

 

カチッと押す部分に
まずはガムテープを張り付けてください。

 

そのまま本体部分に
ペタッとくっつけるとうまくいきます。

 

こちらの写真のようにすると
上手くいきます。

カチッと点火する部分がガムテープによって
押され続けている状態にしてください。

 

まだオイルが残っていたりすると
カチッとした時に当然ですが火がつきますね。
だから一度、
フーッと息を吹きかけて消してください。

 

そのままガムテープで固定すれば
ガスが出続けます。

 

しばらくそのままの状態にしていると
ガスが抜けるでしょう。

 

ガス抜きはどれくらいする?

スポンサーリンク

 

30分くらい先ほどの状態にしておけば
おそらくガスは抜けていると思います。

私の場合は30分ほど経過して
ガムテープを外して
火がつかなければそこで終了します。
(オイルが多めに入っているなら長めにガス抜きしてみてください。)

 

燃えるものが近くにないことを確認して
屋外でガス抜きしましょう。
火事にならないように安全な場所でやってくださいね!

 

あとは自治体の決まりに従って
処分すればOK。

 

ライターって小さいし
そんなに邪魔になるモノでもないからといって
処分を後回しにしていると溜まっていく一方です。

 

きちんとゴミの日を確認して
溜めないように処分していくことが
スッキリを保つ秘訣です。

 

自分が使うわけでもないライターですが
夫が使うおかげでガス抜きを覚えました(笑)

 

溜めない、すぐに家から出すことが大切

お片づけをしていると、
ゴミや不用品がたくさん出ます。

 

大切なのは、
そのゴミや不用品を
いつまでも溜めておかないことなんです。

 

我が家の夫はタバコを吸います。
そのためライターが溜まるんですね・・・。

 

私の住む自治体は
有害ゴミの日が月に2回。

 

だからそれを逃すと
いつまでも不用品が
家の中に残ることになってしまうから
サッサと処分するようにしています。

 

処分方法がわかりづらいモノや
面倒なモノって
ついつい処分も後回しにしてしまいがちですが

 

そういうモノほど
意識的に片づけていきましょう!

 

家をスッキリさせる秘訣は
「溜めない」
「すぐに家から出す」
ということ。

 

これをいつも意識して
スッキリを維持していきましょう!

 

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!