スポンサーリンク

日用品のストックって
どのくらい必要なんでしょう?

家族構成や人数、
ペットの有無など
各家庭によって状況は異なりますから

 

正しい答えはないと思います。

 

ですが・・・

持ちすぎは問題あり!

だと私は感じています。

 

ストックを保管するための場所
まとめ買いをする労力を考えると

 

無駄のように感じています。

 

そんなことをしてまで
まとめ買いやストック保管
する必要はないんです。

 

大切なのは適量を持つこと。

 

そのため、各家庭で
ルールを作る
ということが大切になるんじゃないかなと思うのです。

 

まとめ買いはしない!

以前はやってました。
まとめ買い

 

でも・・・、
いろいろな問題がでてきたんです。

 

収納場所問題

例えばティッシュペーパーの
まとめ買いをした時には
収納場所に困りました。

だいたい5個入ってますよね?

 

ひとつだけ買えば
5個だけ管理すれば
いいのだけれど、

 

特売か何かで
2つ買ってしまったとしたら、
バラの箱ティッシュは
10個になってしまうわけです。

 

箱ティッシュって
結構かさばりますから
よほど大きな収納がない限り、
10個もあったら収納に困ります。

 

収納場所のことも考えて、
管理できる分だけあれば
いいんじゃないでしょうか?

 

日用品費オーバー問題

やっぱりまとめ買いって
魅力的!(笑)
ついつい買ってしまいたくなるものですよね!

 

でも、
その時は安くても
まとめ買いをするということは、
結局いつもより
お金を使ってしまうことになるのです。

私もたくさんの失敗を経て
「まとめ買い」は必要ないという
結論に至ったんです。

 

ストックは最小限に!

そもそも、
普通の一般家庭でストックを
たくさん持つ必要って
あるのでしょうか?

 

「いつ何が起こるかわからないから。」
「心配だから。」

 

そのお気持ちはよーくわかります。
私も過去にはストックしてました。
いつもより安く売っている時には
まとめ買いしていましたから。

 

でも、我が家は小さい。
収納も少ない。

 

そんなところに
ストックばかり溜め込んでいたら
大変なことになります。

 

私自身、
シンプルライフを送っているので
ストックはあまり持ちません。

 

たくさんのストックを
しまう場所もありません。

 

無くなりそうになった時に買ってくればいいんです。
たくさんのストックを持つ必要はないと思うんです。

 

私たちの周りには、
いつでもコンビニやドラッグストアが
あるような環境になりました。

 

必要なモノは、
近くのコンビニやドラッグストアに行けば
いつでも買うことができる。

 

それを安心材料とするのも一つの方法です。

 

私のストックに関するルール。

スポンサーリンク

私のストックについてのルールは超簡単。

無くなりそうになったら買う。

 

とっても分かりやすく、簡単なルールです。

 

ラップもトイレットペーパーも
ティッシュも、
洗剤も石鹸も、
無くなりそうになったら買うだけです。

 

安いという理由ではあまり買いません。
あっ、過去にはありました。
今でも時々はあるかもしれませんが
ほとんどありません。

 

我が家のキッチン引き出し内は
ご覧のとおり、これだけです。
(こうしてスペースがあると気持ちもスッキリ!
急な頂きものなどの一時保管場所としても役立ちます。)


こだわりがあるとすれば、
ラップは100mのものを買うことくらい(笑)

 

でも、ずーっと
こんなスッキリな状態では
もちろんありません!
このようになることだってあります。

最初の写真と比べると、
こちらはけっこういっぱい詰まっています。

 

例えば4個入りの
キッチンペーパーを買ったら
こんなふうになっちゃいますよね?

 

揚げ物をしようとしたら、
油吸い取りパッドや
油を固める商品など買いますから
そういったものが一時的に増えることもあります。

 

でもそれはそれでOKだと思うんです。

 

一時的に買ったモノは
使い終わればなくなります。

大切なのは、
それらを買ってきたときに
収めるスペースがあるかということ。

 

使っていくうちに、
最初の写真のような
スッキリな引き出しになっていくので
一時的にモノが多くなる分にはいいと思います。

 

常に引き出し内が
ギュウギュウになるほどの
ストックの持ち方は
私は必要ないんじゃないかと思っているんです。

 

こちらはキッチンの別の引き出し内ですが、
ビニール袋やスポンジ類も
ケースに入る分だけしか持ちません。

このように
自分なりのルールを決めていれば
ストックを多く持つ必要はない
んです。

 

使っていれば
「もうすぐなくなりそうだな」
っていうことはわかりますよね。

 

だからそう感じた時に
買い物のついでに買ってくれば
十分に間に合います。

 

トイレットペーパーもそう。
あと残り2個になったら買ってくるだけ。

 

洗濯用洗剤は、
このようなビッグサイズを
購入することもあるし、
普通サイズのモノを買うこともあります。

 

このように、私が持つストックは本当に少ないのです。
同じ日用品を何個も持つということはしません。

 

ストックが減るだけで、
空間も自分の気持ちもスッキリするんです。


買い物をしたときのショッピングバッグをとっておく方、多いですよね。
いろいろなことに役立つので私も少しだけ残してあります。

写真の右下の入れ物に私は入れているのですが、このように「ここに入る分だけ持つ」と決めています。

 

ストックが詰め込まれていないというのは
とてもスッキリしますよ。

 

ストックの数は、自分で決める。

私は管理をラクにしたいのと
スッキリ感を維持したいため、

ストックはあまり持たないようにしています。

 

でも人それぞれ置かれている環境って違います。

 

大家族
一人暮らしの人
赤ちゃんがいる人
大人だけの家
要介護者がいる人
ペットと暮らしている人

 

このようにそれぞれの
家族構成や状況によって
ストックの持ち方も
変わってくると思うのです。

 

そして、この状況は
数年ごとに変わってくるはずなのです。

 

だから自分の状況に合わせて
ルールを決めることが
大切になります。

 

ストックの持ち過ぎは
良くないと思っています。

 

でも自分なりのルールを決めて持つ
ということにすれば
持ち過ぎを防ぐことは可能です。

 

ルールを決めずに
「安いから」
「あっても困らないから」
という理由で持つから
ゴチャゴチャしてしまうのだと思うのです。

 

大切なのはモノに埋もれた生活をしないこと。

 

今の暮らしに合わせた
ストックの持ち方が
必要になるのだと思います。

 

まとめ

ストックはあれば便利かもしれませんが、
持ち過ぎるとそれはただの
邪魔なモノにしかなりません。

 

収納に困るほどの量を持つことは
逆に自分が大変になるだけで
必要ありません。

 

必要な分だけ持つ。

 

シンプルだけど、
それが一番簡単な
持ち方なんじゃないでしょうか。

 

今はいつだってお店が開いているんです。
買いに行こうと思えばいつでも買いに行けるのです。

 

たくさんのストックをしなくても
そんなに困ることってないんじゃないでしょうか。

 

日用品のストックが多すぎて
キッチンや洗面台の収納が
ゴチャゴチャになっている人って多いと思います。

 

片づけをする前に
ストックの見直しをしてみる必要があるかもしれません。

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!