スポンサーリンク

我が家にはキッチンの吊戸棚がありません。

今の家は4年ほど前に
新築したのですが、
その際に私が希望したことは
「吊戸棚をつけない」ということでした。

 

その前に9年ほど
アパートで暮らしていましたが、
吊戸棚がまったく
機能しておらず、

 

モノを厳選しておけば、
吊戸棚がなくても
対応できると感じたのです。

 

いま必要な
キッチンで使うグッズ類は
すべてキッチンの引き出しに
収めており、
吊戸棚がなくても
問題なく過ごしています。

 

吊戸棚というのは
あればとても便利だと思いますが
不要なモノを押し込めてしまう
可能性もある場所のような気がします。

 

余計な収納があると、
必要のないモノをそこに入れてしまう。
だから、私には必要ないんです。

 

シンプルミニマル生活に吊戸棚は必要ない!

アパートで暮らしていた時、
吊戸棚は全くと言っていいほど
機能していませんでした。

 

わざわざ吊戸棚から
モノを出し入れするのも面倒でしたし、
結局は使わないモノをしまい込むだけでした。

 

だから、家を建てることになった時
吊戸棚はつけない」ことに決めたのです。

 

私はシンプル・ミニマル
暮らしを心がけていますので
モノをたくさん持つことはしていないのですが、

 

特に吊戸棚がなくても
「モノをしまう場所がない!」と
思ったことはありません。

 

むしろ吊戸棚がないことで
キッチンが広々として見えるので、
つけなくて良かったと思っています。

 

モノの持ち方さえ気をつければ
吊戸棚がなくても
今ある収納で間に合うのです。

 

吊戸棚がないことのメリット・デメリット

吊戸棚がないことの
メリット・デメリットについて
考えてみようと思います。

 

私はもともと
吊戸棚はつけたくない」と
感じていたので
デメリットがあるとは思いませんが、
「もしあったら・・・」ということを
想像しながら書いてみます。

 

メリット

キッチンが広くなる!

吊戸棚がないことのメリットは、
キッチンが広くなる!ということです。

 

実際には広くなるわけじゃないのですが、
圧迫感がなくなるため
視覚的に広く見えます。

 

吊戸棚の金額が必要なくなる!

これから家を建てようと
考えている人にとっては
やっぱり様々なものの
金額が気になるところですよね。

 

吊戸棚ひとつなくすだけで、
何万円分もの節約になります。

 

掃除をしなくていい!

吊戸棚掃除は面倒です。
自分よりも背の高いところの
掃除というのは面倒なもの。
そういった面倒な作業とは無縁になります。

 

デメリット

モノをしまう場所が限られてしまう!

「お料理が好き」とか、
「親と同居している」などの
理由があると
吊戸棚がなくなるだけで
モノを収納する場所が減ってしまいます。

 

万が一の収納場所として使えない!

吊戸棚があれば、
普段使っていなかったとしても
万が一の収納場所として
使える可能性が高くなります。

 

普段はモノを持ち過ぎない
暮らしをしていても
予想していなかった
頂きものなどがあったときに
予備の収納棚として使えます。

 

だから吊戸棚がないということは
そのような想定外の
収納
がなくなることになるのです。

 

「収納があればモノがしまえるから」という安易な考えは捨てる!

スポンサーリンク

私は
吊戸棚は絶対にいりません!」
と言っているわけじゃないんです。

 

私には不要なだけ。
でも、必要な人もいる。

 

それは、家族構成だったり
家庭環境だったり
様々な要因が重なっているので

 

それぞれの基準で
決めればいいことなんだと思います。

 

ただ、私は自身の考えは
「吊戸棚はなくても困らない。」ということ。

 

これから家を建てる・・・
となった時に
「吊戸棚を付けることが
当たり前になってしまうのは
どうなんだろう?」
と思うのです。

 

どこに何を
どんなふうに収納するのか?

 

まずは、
そこを考えることが
大切なんじゃないか
と考えています。

 

収納が多ければ多いほどいい。
それが正しいとは私は思わないんです。

 

収納があるから、
そこにどんどん荷物を詰め込んでしまい
あとで確認することもなく
何十年も入れたままになってしまうんじゃないでしょうか?

 

吊戸棚もそれと同じです。

 

そこに何を収納するのか?
どんな目的で設置するのか?

 

まずはそこを考えないといけないと思うのです。

 

付けるのが当たり前だから。
あれば困らないから。

 

そういう安易な考え方でいると
あとで使い道に困ったり、
ただの荷物置き場になってしまったり、
ということにつながっていくんです。

 

これから家を建てようと考え中の方は、
吊戸棚に限らず、
「どこにどんなものを収納するのか」
をよく考えてみることを
おすすめしたいと思います。

 

不要なモノを省いて
必要なモノを
どこにしまうのかを考えてください。

 

収納があればモノがしまえるから、
収納を多く!という安易な考えではなく
どこに何をどんなふうにしまうのか、
を考えることがポイントです。

 

もう既に吊戸棚は付いてしまっているなら・・・

もし、
もう既に吊戸棚が付いてしまっているけれど
シンプル・ミニマルに暮らしたい!
と考えているなら

 

一度吊戸棚の片づけをして
何も置かない状態を
体験する
のはオススメです。

 

スッキリした吊戸棚は気持ちが良いものです。

 

空にしておけば、
いつだって予備の収納として使うことができます。

 

本当に必要ないのであれば
吊戸棚を取り外すことも
検討してみるのはいかがでしょう?

 

でも、その時は十分に
よく検討をしてからにしてくだいね。

 

まとめ

たかが吊戸棚・・・と思うのですが、
収納というのは本当に難しいなと思います。

 

モノを持っていれば持っているほど
収納場所が欲しくなる
のですから。

 

本来であれば
必要なモノを必要な分だけ持ち、
それを収納していくのだと思うのですが

 

不要なモノまで
処分せずにいるものだから
収納場所がいくらあっても
足りない状態になってしまっているんです。

 

ゴミ屋敷を片づけたら、スライサーが10個以上、ゴミ6トン!

 

ご自宅の吊戸棚はどうなっていますか?
要らないものでパンパンになっていませんか?

 

本来の吊戸棚の役割を
果たせていないのなら
それは不要なモノを処分しましょう、
というサインなのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter でryokoをフォローしよう!