スポンサーリンク

毎日届く、学校幼稚園からのお手紙

これらは、
「大切な手紙」か「不要な手紙」かを
その場で判断することが
溜め込まないためのカギとなります!

 

手紙を溜め込まずスッキリさせるには?

毎日届く、学校や幼稚園からの
お手紙類をスッキリさせるには

「すぐにチェック」 → 「すぐに分ける」 

これが大切。

 

手紙をもらってきたその日のうちに、
できれば受け取ったらすぐに
取り掛かるのがベストです!

 

子どものお手紙に限らず
毎日届く郵便物もそうですが
すぐにチェックすることが大切だと思います。

 

「疲れているからあとでやろう」
と思っていると、
ついつい忘れてしまって
提出期限に間に合わなかった、とか
お手紙を失くしてしまった、
ということになりかねません。

 

とにかくお手紙は
すぐにチェック!

 

そして提出する必要があるものは
すぐに記入!

 

持ち物があれば
すぐに準備!

 

予定が記載されていたらカレンダーに
すぐに書き込み!

 

とにかく「すぐに」がキーワードです。
毎日、学校からたくさんのお手紙が渡されます。
忘れないようにすぐに取りかかりましょう!

 

不要な手紙はすぐに処分!が溜めないコツ

私はとっても面倒くさがり屋だし、
書類管理も苦手です。

 

管理が苦手なので
不要なお手紙はすぐに処分しています。

 

手紙を受け取ったらその場でチェック
要・不要をすぐに判断します。

 

そして不要な手紙はすぐに処分

 

「すぐに処分する」ということが
手紙類を溜め込まない
一番簡単なコツだと思います。

 

受け取ったらすぐにチェック!

要・不要をすぐに判断!

不要な手紙はすぐに処分!

必要な手紙はファイルへ入れる!

 

これをきちんと行ってさえいれば
手紙類が増えることはないと思っています。

 

必要な手紙はどうしたらいい?

必要なお手紙は、
その内容によって分けてあげる
いいんじゃないでしょうか。

 

例えば我が家の場合は・・・

 

今月の予定が書いてあるお手紙や献立表は
すぐに確認できるように

冷蔵庫脇へ張り付けています。

 

不要になったらすぐに処分します。

 

連絡網や年間の予定表など
処分できないけど

毎日見る必要のないものは
ファイル管理をしています。

 

一年間保管し、
学年があがったら処分し、
また新しいものをもらう新年度に入れ替えます。

 

管理をラクにするファイル分けの方法

スポンサーリンク

自分が使いやすいファイルを用意する

私が利用しているのは無印良品のモノ。
こちらです。

スリムポケットホルダー

 

このスリムポケットホルダーの便利な点は、
こんなふうに横からも縦からも
サッと出し入れができる点が便利です。

 

私は普通のファイルへ出し入れするのが苦手です。
こういうタイプのものですね。

上からいちいち出し入れするのが面倒なのです。
出し入れするのに手こずります。

 

手紙の入れ方については
自分のやりやすい方法で良いと思います。

 

私はだいたい適当に入れています。
必要な書類は「このファイルの中にある」
ということさえわかっていれば
すぐに見つけることができるからです。

 

カラーファイルで人別やカテゴリー別に分ける

これも一例ですが、
カラーファイルにそれぞれの手紙をしまう、
という方法もあります。
子どもごとにカラーを決めておくんです。

学年が違えば、
持ち物や準備するものなども変わります。

 

全部の手紙をひとまとめにしてしまうと、
自分も混乱してしまう原因になります。
そのため、人別に分けるという方法です

 

または、カテゴリー別に分けてもよいですね。
青のファイルは連絡網
黄のファイルは行事予定・・・
などというように。

 

その際は
インデックス等を使うと
よりわかりやすい
かと思います。

 

お手紙の管理って、
それぞれの性格や環境によって
管理のしやすさって変わってきますよね。

 

だからやっぱり
自分のやりやすい方法で
保管するのが一番
だと思います!

 

不要な手紙をまずは処分して、
必要な手紙の管理を
どうしたらいいのかを
考えてみましょう。

 

自分が使いやすい方法を見つけられると
お手紙の管理もラクになるかもしれませんね。

 

判断に迷う手紙は一時置場へ

不要な手紙はすぐに処分、
必要な手紙はファイルへ・・・
っていうのはわかるけど、

 

仕事が終わって夕食の準備をやってたら
先に手紙を見ている暇なんてない!
っていう場合は、

 

一時置きBOXを作ってみるのはいかがでしょうか??

まずは、
この一時置きボックスに手紙を入れてもらいましょう。

 

そして家のことが一段落したら、
その一時置きボックスの中の手紙をチェックします。

 

そこで不要な手紙は処分すればいいですし、
必要な手紙はファイルへ・・・
といった感じです。

 

判断に迷うお手紙だったり
検討中だったり
数日間保管しておきたい手紙などを入れるのにも
一時置きボックスは役立つかもしれません。

 

お手紙サイズのカゴなどを用意して
目にとまる場所へ置いておきます。

 

こうすることで忘れてしまうことも防げるし
書類を見ればすぐ何の案件か
思い出すこともできますね。

 

もちろん一時置場へ置いてあるお手紙も
用件が済んだら
すぐに一時置場から取り出しましょう。

 

処分するものは処分し
手続きが必要なモノなどはすぐに着手。

 

こうすることで
お手紙が溜まり続けることはありません。

 

手紙を溜めすぎてはいけない。

子供が幼稚園の頃の話ですが、
わたし、
園便りが捨てられなかったのです(笑)

 

特に大切な内容が
書かれているわけではありません。

 

今日はこんなことをした、
あんなことをした、
というような内容です。

 

でも、
なんだか大切な思い出を
捨てるような気がして
なかなか捨てられなかったのです。

 

それらを一つのファイルにまとめて
一年間、
大切に保管していたことがあります。

 

でもですね・・・
その保管していた園便りは
一度も見返すことはありませんでした。

 

見返すことがないのに
一年間も持ち続けていたんです。

 

何のために持っているのだろう・・・
ということに気がついてからは
園便りを保管することはなくなりました。

 

もらってきたその日にきちんと目を通し、
すぐに処分するようにしたのです。

 

不要な手紙は
その手紙を収納する場所や
グッズが必要になります。

 

その収納場所やグッズを
買うお金がもったいないです。

 

読み返しもしない手紙をいつまで取っておきますか??

 

モノに縛られ過ぎるのは良くないのです。

 

手紙は溜めてしまうと
手が付けられなくなってしまう
恐れがあります。

 

大切なのは
その日に入ってきたお手紙は
その日のうちに決着をつけること。

 

自分なりのルールを決めて
上手に学校や幼稚園の手紙類と付き合っていきたいものです。

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!