スポンサーリンク

紙袋やショッピングバッグって・・・
溜め込んでしまいやすいモノのひとつではないでしょうか。

関連記事です。「片づけられない人に共通する、溜め込んでしまいやすいモノとは?」

 

どのくらい溜め込んでしまっているかは人それぞれだと思いますが、相当溜め込んでしまっている人も、もしかしたらいるかもしれませんね。

 

今まで溜め込んでしまったものを、何事もなかったかのように「えいっ!」と捨てられれば、一番手っ取り早いのですが、なかなかそうもいかない場合もあるかもしれません。

 

だって、そこには「もったいない・・・」「まだ使える・・・」という気持ちが残ってしまっているからです。

 

本当はパッと捨てられることが、一気に気分もお部屋もスッキリするのです。

 

でも「それができない!」「どうせ捨てるなら何かに使ってから捨てたい!」という方に向けて、溜め込んでしまった紙袋を使いながら処分していく方法を載せていきたいと思います。

 

ゴミ箱代わりに活用

これは一番簡単な方法ですし、何より紙袋を消費するのにはもってこいの方法です。

小さめの紙袋であれば、テーブルに置いておき、使ったティッシュやお菓子のゴミをそこへポイポイ入れていけばいいのです。ゴミが溜まったらそのままゴミ袋へポイしてしまえばいいのです。

 

この写真では持ち手の部分をハサミで切り取って内側に少し折り曲げてありますが、ゴミ箱として使うのであればそんなことしなくても大丈夫。

 

あとは、生ごみ用にしてもいいですね。

 

このように紙袋の中にビニール袋を1枚セットしておけば、水漏れの心配もありませんし、紙袋のおかげでにおいも少しは封じ込められるかもしれません。
ビニールの口をしばって、そのまま紙袋ごとポイッとしちゃいましょう!

このようにして毎日の暮らしの中で少しずつ使っていくことができれば、溜まり過ぎた紙袋もどんどん減らしていくことができちゃいますよ!

 

紙袋の冷蔵庫内での活用方法

こちらもおすすめの方法です。
冷蔵庫と書きましたが、私は野菜室で使うことが多いです。

半分だけ残ったニンジンや、ひとかけらだけ残っている大根などなど・・・。
細かくなってしまった野菜をこの紙袋を利用して収納してしまいましょう!

 

わざわざ収納グッズを買わなくても紙袋で代用することができちゃいますよ。

 

しかも、紙袋内が野菜の土や皮などで汚れたら、そのままポイしてしまえばいいだけなので、非常に簡単です。野菜室も汚れずに済みます。

 

収納グッズ代わりとして活用

我が家では主に床下収納で、この方法を活用しています。

 

このように、お風呂掃除用のスリッパやほんの少しのストック品を収納しているんです。
そのまま放り込んでおくのでもよいのですが、こうして紙袋を使っているおかげで出し入れもしやすくなります。

収納グッズを買わずに紙袋で代用できちゃうんですね!

 

収納グッズを買わずに紙袋で代用するという方法も!

スポンサーリンク

紙袋って、溜め込みすぎるとただのゴミになりますが、上手に使いこなせば収納グッズ代わりになってしまう優れものなんです!

 

いろいろな活用方法をお伝えしてきましたが、これ以外にもアイディア次第ではもっと色々な用途に使えそうですよね!

 

それから、収納グッズを買おうかどうか迷っているときに、とりあえず紙袋で代用しておき、そのあと収納グッズを検討する・・・というようにして一時的な収納グッズとして使うこともできます。

 

まだ使えるのに・・・という罪悪感をなくしましょう!

使えるモノを処分するのはもったいない!

 

その気持ち、私もよーくわかります。
だって私も捨てられないでいた一人ですから。

 

だから、なかなか捨てられないですし、そこには罪悪感があったりするんですよね。
まだ使えるのに捨てるなんて・・・っていう。

 

だから、
溜め込んでしまった紙袋をそのまま捨てるのがもったいないと感じるのなら、今日ご紹介した方法などを試してみてください。

 

使いながら処分していく方法なら、捨ててしまうことに罪悪感を持たなくて良くなると思いますし、何より必要以上のモノを持たないスッキリ感も味わうことができます。

 

そして紙袋がスッキリしたときは、自分で持つ数を決めておけば必要以上に溜まり過ぎることもありません。

 

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

 

 

Twitter でryokoをフォローしよう!