スポンサーリンク

なぜ片づけが苦手な私でも
たくさんのモノを処分して
すっきりした部屋にすることができたのか?

 

それは、
「モノの多さに気がついたから」なんです。

自分は汚部屋に住んでいると理解する。

片づけられなかった私が、
当時かなりの流行だった「断捨離」をきっかけに
何気なく片づけの本を読んだことがすべての始まりでした。

 

一冊の片づけ本を読み終えたあと、
「私の部屋ってゴミだらけかも・・・」
「私もやってみたい!」
と強く思ったのです。

 

それから私はお片づけにはまりました。
図書館に行き、たくさんのお片づけ本を読みました。

たくさんの本を読む中で、
本の中に写っているスッキリした部屋の写真が
とても新鮮に見えたのです。

 

「こんなにモノの少ない部屋ってあるの!?」

 

そう、自分の部屋とその写真の部屋の
あまりの違いにショックを受けたのです。

 

自分の住まいと他人の住まいを比べたことなんてなかったし、
その写真の部屋があまりにもスッキリしていたので
すごく衝撃を受けたんです。

 

「私はゴミを溜めていたんだな。」
「何年も着ていない服をただ押入れ閉じ込めているんだ。」

 

自分が住んでいるのは汚部屋だったんだと
そこで初めて気がついたのでした。

 

それから私は本格的にお片づけを始めました。
無駄のない、スッキリした部屋にするために。

 

何年も使っていないモノを持つことの方が無駄だと気づいた。

スポンサーリンク

たくさんのお片づけの本を読む中でわかったことは
使っていないモノを持つことが無駄
だということでした。

 

何年も使っていないモノが
押入れを独占し、
他のものが入らない。

 

そんなこと意味がない
ってことに気がついたのです。

 

使っていないモノを持つことで
そのスペースを無駄に使っていたんです。

 

これは、お片づけの本を読まなかったら
気がつかなかったこと。

 

「モノを持つ」ってことに対して
真剣に考えることなんてなかった私ですが
お片づけを進めるうちに
たくさんの気づきに出合えたのです!

 

使っていないモノを持つことの方がもったいない!

 

そこに気がついてから
私はたくさんのモノを処分しました。

溜まりに溜まっていたファッション雑誌
何年も着ていない洋服
薄汚れた寝具
埃をかぶった雑貨
キッチンの奥に押し込まれた鍋
何に使ったかさえよく覚えていない小物類

もっともっと
本当にたくさんのモノを処分しました。

 

どのくらいのゴミを捨てたかは忘れました(笑)

 

でも片づけるたびに5袋以上、
多い時には10袋近くのゴミ袋があったので
相当数のモノを捨てたと思います。

 

大切なことは「気づく」こと。

でも、こんなにモノを捨てたのに
まったく困らない自分がいました。

 

困らないということは
本来、持っていなくてもよかったモノ。

 

私はお片づけの本を読むことで
自分のモノの多さに気がつき、
改善していくことが出来たのです。

 

あのとき、お片づけの大切さに気がつけて
本当に良かったと思っています。
その後の暮らしが劇的に良くなりました。

 

大切なのは「気づく」ことです。

 

自分がどれくらいモノの多い部屋に住んでいるのか。
どれくらい無駄なモノを持っているのか。
ということに、「気づく」こと。

 

周りと比べることは難しいかもしれないので
お片づけの本を読んでみることはオススメです。

部屋を片づけたい!片づけのやる気アップにおすすめの本4選!

 

まとめ

部屋の片づけが苦手な私が、
スッキリな部屋にできた理由・・・

 

それは、

「モノの多さに気がついたから」です。

 

全く興味のなかった
お片づけの本を読んだことがきっかけで
我が家はモノが多いんだ、
ということに気がつきました。

 

そして、私の心に火がついてしまったんですね!

 

もし、あの時、その本を読んでいなかったら・・・
我が家は今頃、
まだモノの多い家だったかもしれません。

 

気付くから行動できるんだと思います。

 

私もモノが多いことに気がついたから、
スッキリな部屋へと変えることができたのです。

 

お片づけで開運効果?!お片づけやる気アップ記事をまとめました(^^)

片づけで開運効果?!お部屋スッキリ、片づけのやる気アップ記事まとめ

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!