スポンサーリンク

使っていないモノを捨てようとすると
もったいない!
ってよく言いますよね。

でも、この言葉
お片づけでは注意が必要な言葉なんです。

 

そもそも
今まで持っていても
使っていなかったモノなのに
本当に捨てることが
「もったいない」ことなんでしょうか?

 

その「もったいない」という言葉が
お片づけが進まない原因
一つかもしれないんです。

 

10年使っていないモノ、捨てるのは本当にもったいないことでしょうか?

日本人の「もったいない」っていう言葉。
海外にも広まりつつある・・・
なんて聞いたことがありますが

 

お片づけでの「もったいない」には
要注意なんです。

 

よーーく考えてみてください。

 

ここに10年前に
友人の結婚式でもらった
引出物があったとします。

 

〇〇ちゃんにもらったものだし、
捨てられない
自分の趣味じゃないし、
使う気はないけど、
捨てるのは何となく悪い気がするし、
誰かにあげてもいいのか迷う

 

こんなふうに思っていたとします。

 

でも10年という歳月が流れていて、
当の本人はいちいち
使ってくれているかしら?」なんて
考えていると思いますか?

 

10年間、ホコリをかぶって使われることなく
暗い所にしまい込まれていることの方が
もったいないと感じませんか??

 

使っていないモノを
置くための場所が
もったいないと思いませんか?

 

まだまだ使える。
とってもキレイ。
捨てるなんてもったいない!

 

その気持ちは、本当に良くわかります。
私だってそんなふうに思っていたからこそ
モノが捨てられなかったんですから。

 

でも、私はお片づけに目覚め
考え方が変わりました。

 

というよりも、
本当のことに気がつきました。

 

自分にとって
必要ではないモノを持つことの方が

時間や場所、
その他いろいろなことを
無駄にしている
ということに

 

手放し方はいろいろ。

スポンサーリンク

捨てるのがもったいないと感じるのなら、
今はいろいろな方法で
手放すことができますよね。

 

誰かに譲る(本当に必要な人)
フリマに出す
オークションに出品する
買取専門店に持っていく
バザーにだす

 

調べればいろんな手放し方があるんです。

 

必要ないと感じているけど
もったいない」という感情が邪魔をして
お片づけが進まないのであれば

 

別の方法で使ってもらう人を探すことも
検討してみてください。

 

でも、一つだけ注意を付け加えておきます。

 

自分がもらったら迷惑だと思うようなものは
思い切って自分の手で処分してください。

 

私もときどき買取専門店へ行くのですが、
大量の着古した服を
持ってきている人を何人も見かけます。

 

特に洋服は
毛玉が目立っていたり、
擦り切れていたりするものを
買取専門店へ持っていくのはやめましょう。

 

ちなみに、私の場合は
今でも
使わなくなった家具や
新品の使っていないものなどを
買取専門店へ持って行くことはあります。

 

また洋服も
状態の良いメーカーの物は
数点持込みしたこともありますし、
メルカリを利用したこともあります。

 

中古でも気にならない方は
いるかと思いますが、
「自分だったら買う?」という
問いかけは必要かもしれません。

 

何でも捨てろってわけじゃない。大切なモノだけを残していく。

私は、なんでもかんでも捨てろ、
と言っているのではありません。

私にだってもちろん
捨てたくないモノはたくさんありますから。

 

ずーっと使っていないけど
絶対に手放したくない大切な思い出のモノを
無理に手放す必要はないんですよ。

 

子供の作った作品や絵画、
賞状などは
しょっちゅう見るわけじゃないけれど
私も保管してますし、

 

あまり使わないけれど
デザインが好きで
持っているアクセサリーもあります。

 

でも自分のお気に入りではないモノたちを
使わないままどこかに押し込んで
家の中がモノで溢れかえっているという現状を
しっかりと見つめ直さなければいけないんです。

 

もったいない」という言葉には
少し罠が隠されています。

 

まだまだ使えるモノを処分するということは
心苦しいことです。
本当にもったいないことです。

 

でも良く考えれば
それらを買ってしまったことが
一番の問題なんです。

 

たいして使わないモノを
何となく買ってしまっている現状を
見直していくことが
とっても大切なことだと思うんです。

 

だっていま家の中にあるモノって
自分たちで買ったモノだったり
もらい物だったり、
結局は自分たちが家に運んできたモノなんです。

 

一度、しっかりとモノと向き合ってみてください。

 

たくさんのモノを
処分しなければいけない現実と
向き合った時、

 

無駄にならない買い物を
することができるし
よく考えたモノ選びが
できるようになるんです。

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!