スポンサーリンク

我が家のキッチンシンクには付属品がありません。
掃除が面倒なので全部外してしまいました。
この写真がそうです。

この写真を見て、どう感じますか?
もし、「すごい!スッキリしていて気持ちよい!」と感じるならば
真似してみてください。
掃除が格段にラクになるはずです。

 

本当は、下の写真のような付属品が付いていました。

スポンジや洗剤等を入れるラックも、排水口のフタも、取り外しています。

 

この付属品が付いていることで掃除が増えます。

 

水まわりですから、
最後に必ず拭き上げなければカビが生えます。

 

私はその掃除が面倒だし嫌いです。
ですから、付属品を外すことを選んだのです。

 

外したことで掃除がかなりラクになり
面倒くさがり屋の私でもキレイを維持しています。
ちなみにこれらの付属品は、 ひとまとめにしてしまっています。

 

使う人がラクになるような工夫をすればいい

極度の面倒くさがり屋なわたし。
親からは「だらしない」と言われておりました(笑)

 

はい、もうその通りなんです。
本当に面倒くさがり屋でだらしがないと思います。

 

でも、そんな私でも
自分がラクな仕組みに変えていったら、
家はキレイに整うし掃除も簡単になりました。

 

キッチンのシンクって必ず毎日使います。
一日に何度も使います。

 

食材を扱う場所であり、
不潔にしておきたくない場所。

 

だからこそ、
面倒くさがり屋な私にとって大切なのは
「ラクに掃除が出来ること」なんです。

 

付属品を取り外したことで
付属品の掃除をすることが不要になり
最後の拭き掃除までラクラクです。

 

付属品だって、最後にきちんと水滴を拭き上げなければ
カビが生えてしまいます。

 

付属品って、便利になるように付いているのだと思いますが、
無理に使う必要なんてないんです。
それが逆に邪魔だと感じてしまっているのなら
取り外してしまえばいいだけなんです。

 

自分がやりやすい方法を見つける。
自分がラクになる方法を見つける。

ほんのちょっと工夫をすればいいだけなんです。

 

キッチンの掃除が毎日続けられるように簡単にすること

スポンサーリンク

キッチンは食べ物を扱う場所です。
カビは厳禁!

 

それなのに、数年前までの私ときたら・・・
カビをしょっちゅう生やしていました。

 

恥ずかしいけれど本当の話です。

 

それくらい掃除が嫌いだったのです。
親にだらしがないと言われてい理由が
少しはわかっていただけたでしょうか(笑)

 

まず、水切りカゴはとにかくしょっちゅうカビを生やしました。
それがイヤで思い切って水切りカゴを捨てたら
自分自身がとってもラクになりました。

>>>「キッチンに不要なものベスト3はこれ!無くても全く困らないものとは?」

 

キッチンシンクも時々カビを生やしました(笑)
特にこういうところ。

水が溜まりやすい部分が汚れやすかったんです。

 

ただ単に拭き掃除をきちんとしていなかったからなんですが
それくらい私は掃除がいい加減でした。
お恥ずかしい話です・・・

 

きちんと拭き掃除をしていれば
カビが生えることもないし、
汚れることだってそんなにないはずなんです。

 

引っ越しを機に
キッチンは絶対にキレイにする!と決めてから
必ず拭き掃除をしています。

 

そんな時、役立っているのがこちらのキッチンタオル。
スコッティ ファイン 洗って使えるペーパータオル 61カット(1ロール)【スコッティ(SCOTTIE)】

以前記事にしたのですが

>>>「水切りカゴを持たない我が家で大活躍のキッチンタオル」

 

水切りカゴを使わないので
食器はこのキッチンタオルで拭き上げているんです。

 

このキッチンタオルは洗って何度か使えるので
食器拭きの後にはお掃除用として利用するんです。
衛生面が気になるので何度もお皿は拭かず、
一度使ったらあとは掃除用にしています。

 

キッチンのシンク掃除にピッタリで
布巾とは違って洗濯が増えることもないし
面倒くさがり屋の私にはとっても便利なので愛用しています。

 

なぜ面倒に感じるのかを考えてみる

なぜ掃除が嫌いなんだろう
なぜ面倒だと感じるんだろう

 

そこをもっともっと突き詰めて考えてみると
理由がはっきりしてくるかもしれません。

 

わたしが水切りかごにカビをしょっちゅう生やしたのは
水切りカゴの掃除が面倒だったから。

 

キッチンシンクの掃除が苦手だったのは
掃除がしづらかったから。

 

理由がわかれば対策できます。

 

私も面倒だと感じていたモノを
手放したことで掃除がラクになり
今ではキレイをキープすることができています。

 

自分がラクな方法をもっと見つけていくと
暮らしがスムーズになっていくんじゃないかと思うんです。

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter でryokoをフォローしよう!