スポンサーリンク

 

家事は毎日きちんとするもの。

そんな固定観念に縛られていませんか?

 

私は面倒くさがり屋に加えて
掃除がとても苦手。

 

ハッキリ言って細かいところの掃除なんて
毎日はしていません。

 

掃除が苦手な人にとっては、
毎日完璧に掃除をすることが負担となります。

 

でも、嫌いとはいえ、
掃除を怠ると部屋が汚れたり水回りはカビが心配です。

 

だから自分が少しでも「簡単に、楽に」掃除できるコツを見つけられるといいんじゃないかと思うんです。

 

苦手な家事を少しでもラクにできる工夫をする!

水切りカゴを処分!

私は、特に水回りの家事が苦手なんです。

 

水切りカゴを使っていた時には、洗った食器は翌朝まで放置していたんですよ。
おまけに水切りカゴの掃除が嫌いでよくカビを生やしていました。

 

アパートで暮らしていた時にはキッチンも狭くて
水切りカゴを置いてあると調理台のスペースがなくなりました。

 

なんだか水切りカゴに振り回されていたんです。

 

だから、使うことが当たり前だと勝手に思い込んでいた「水切りかご」を手放しました。

関連記事です。>>>「水切りカゴを持たない我が家で食器拭きに大活躍のグッズはこれ!」

 

そうしたら、
食事の後にすぐにお皿洗いをして食器を片づけるという
習慣ができました。

 

キッチンもスッキリして作業がしやすくなりました!

あれば便利な水切りカゴですが、
私にとってはストレスなものでした。

 

排水口のフタを外す!

お風呂掃除も嫌いで、特に排水口掃除は大の苦手。

 

排水口の掃除なんて毎日していませんでした。

 

だから、いざ掃除をしようと思ってフタを開ける時の恐怖と言ったら・・・(笑)

 

フタの裏にはカビも生えやすく、その掃除もかなりのストレスを感じていました。

 

だから、今ではこうやって
排水口のフタを外しています。

 

これなら、放置してカビることもなく
掃除も簡単。
ゴミもすぐに処分できて一石二鳥。

 

何日も排水口掃除をせずに放置して
恐る恐るフタを開ける・・・
なんてことにならなくなりました(笑)

 

同じように、キッチンの排水溝の蓋も外して使っています。

 

家事の方法は人それぞれ。

スポンサーリンク

家事って家を整えるための大切な仕事ですが、
人それぞれ苦手なところってありますよね。

 

だからそれをどうしたら
簡単・楽チンにできるかってことを考える
ことが大切なのかなって思います。

 

真面目に何でも完璧に!
なーんて無理なんです。

 

苦手なところは夫に手伝ってもらったり
子供に手伝ってもらったり
私のようにストレスに感じるところを取り除いてみたり・・・

 

なるべくストレスを感じることなく
家事ができたらいいですよね。

 

家事のやり方はみんな違っていいんです!
自分がやりやすければそれでいい。

 

苦手なことはちょっとの工夫で
簡単・楽チンに変わります。

 

やましたひでこさんの「家事の断捨離」できっかけをつかもう

やましたひでこさんの「家事の断捨離」です。

 

家事の断捨離 モノが減ると、家事も減る [ やましたひでこ ]

 

私がお片づけをすることになったきっかけの一人が
やましたひでこさんです。

 

やましたさんと言えば「断捨離」の提唱者。

 

私もこの「断捨離」という考え方に大いに納得し、
やましたさんのような暮らしに憧れて
今では「ミニマリストでしょ」、
と言われるくらいにモノを減らしました。

 

でも、私はミニマリストじゃありません。

 

ただ、自分に不要なモノを手放していったら
モノが少なくなったんです。

 

・・・と、そんなこんなで
やましたさんのおかげで私は
お片づけをする「きっかけ」を作ることができました。

 

だからこの本もきっと
家事が苦手な人が今よりもっと楽になるための
「きっかけ」になるような気がします。

モノが多ければ多いほど家事は大変になるから、
なるべくシンプルミニマルを心がけて
自分の苦手な部分を少しでも簡単にできるような工夫をする。

 

やましたさんの日常が垣間見え、
家事のヒントもたくさん見つかりました。

 

シンプルミニマルを目指す人にはとても参考になる本ですよ!

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!