スポンサーリンク

洋服を持ち過ぎている人が多い。
私はそう感じています。

クローゼットを片づけたい!
と思った時、

 

収納術を考えたり
収納ケースを買いに行くことを
やってしまいがちですが・・・

 

まずは、
洋服を減らすこと!
が先なんです!

 

もう着ないとわかっていながら
処分することができない。

 

そういう人は多いと思います。

 

私も以前はそうでした。
なかなか捨てられなかったんです。

 

そこには

高かったから・・・」
まだ着るかもしれないし・・・」

といった、未練や不安な感情があったからです。

 

何年も着ていない服なのに
「まだ着るかもしれない・・・」
って思っていました。

 

そんなことあるわけないんですけどね。
捨てられなかったんです。

 

でも私はお片づけを通して
わかったことがあります。

 

「高かったから・・・」
「まだ着るかもしれない・・・」

 

という感情を早めに捨てた人から、
クローゼットスッキリするということを。

 

クローゼットの収納術より大切なこと、やるべきこと。

クローゼットのお片づけを
しようと思った時に
まずやるべきことって
何だと思いますか?

 

収納グッズを買い足すこと?
もっと洋服が収まるように収納を考えること?

 

答えは「No」です。
これらは、最終的にやればいいことなんです。

 

まず、クローゼットのお片づけで大切なことは

 

洋服を減らすことです!

 

私は、
いろいろなお宅を
拝見したことがあるわけではありません。

 

ですから、
みんなどれくらいの服を持っているのか?
なんてことはわかりません。

 

でも、いろいろな本を読んだり
ブログを読んだりすると
100着以上洋服を
持っている人って多いようなのです。

 

でも・・・
そんなにたくさんのを持っていて
本当に全部の服を着ているのかといったら、
それは疑問です。

 

きっと過去の私と同じように
「もったいないから・・・」
「いつか着るかもしれないから・・・」
「高かったから・・・」

 

そんな感情が邪魔をして
捨てられない人が
多いのではないかと思っています。

 

何年も着ていない服が捨てられない。
捨てたいと思うんだけど感情が邪魔して捨てられない。

 

洋服を捨てるっていうことは
とっても勇気のいることだし
ものすごい決断を迫られることだと思います。

 

でも・・・
着ない服を持っていれば持っているほど
クローゼットはパンパンで
新しい服が入らない状態になっていませんか?

 

捨てるには思い切りが必要だけど、
私自身がそうだったから
はっきりと言うことが出来ます。

 

洋服は少なくて大丈夫。
クローゼットがスッキリしている人ほど
おしゃれ上手で着るものに困らないんです!

 

だからいつまでも
過去の洋服に
執着するのはもうやめましょう。

もちろん大好きでこれからも着るぞ!
って感じる服は
大切にとっておきましょう。

 

「もったいない」という理由だけで
着ていない服を持ち続ける意味が
どれくらいあるのでしょう。

 

執着も着ない服も早く捨てて
スッキリしたクローゼットを完成させるほうが
とっても意味のあることだと思います。

洋服を減らせば減らすほど時間にもオシャレにも困らなくなる

スポンサーリンク

私は実際に
洋服は少ない数しか持っていません。
でも洋服が少ないことで
困ったことは全くありません。

 

これは私の服なのですが、
ここにかけてあるものと・・・

この3段の引き出しに入っている分で全部。
春夏用・秋冬用全部がここにあります。

これだけ少なくても全く困らないんです。
むしろ、自分にとっては良いことだらけなんです。

・着る服がないと言わなくなった
・着るものに困らなくなった
・毎朝何十分もコーディネートに悩まなくなった
・お気に入りの服が揃っていてクローゼットを開けるのが嬉しくなった
・お気に入りしか持っていないから満足度がアップした

 

でも、以前の私はこうでした。

・毎朝着る服がないと騒ぐ
・コーディネートがなかなか決まらず遅刻ギリギリ
・洋服はあるはずなのに満足度ゼロ
・いつも洋服が買いたいと思っている

 

洋服のお片づけをしただけで
気持ちまで前向きにスッキリして
こんなにも感じ方に
変化があるとは思いませんでした。

 

洋服を選ぶ時間も短くなり、
お気に入りが揃っているから
どれを着ても心がウキウキしています。

 

女性にとって洋服というのは大切です。
特に年齢を重ねるにつれて思うことは
その場に応じた服装が
きちんとできることは
大切だと思うようになりました。

 

いつまでもオシャレでいたい
という気持ちもあります。
そのためにはお片づけって絶対に必要

 

・私のように気持ちを変えたい人。
・もっとオシャレになりたい人。
・洋服選びに時間をかけたくない人。
・クローゼットをスッキリさせたい人。

 

そういう方に、ぜひ読んでいただきたい本をご紹介します。

 

洋服のことは洋服のプロから学ぶ

洋服がなかなか片づけられないなら、
私は洋服のプロが書いた
本を読むことをおすすめします。

 

ファッションが好きな人なら
どんどん読み進められますし、
ファッションが苦手な人なら
おしゃれの参考にもなります。

 

おしゃれのプロが「洋服は少なくていい」と言っている理由がわかります。

 

 

服を買うなら、捨てなさい [ 地曳いく子 ]

 

 

無駄のないクローゼットの作り方 暮らしも生き方も軽やかに [ 熊倉 正子 ]

 

 

クローゼットは3色でいい [ 杉山 律子 ]

 

どの本からも本当に良い刺激を受けました。
日々たくさんの洋服と
向き合っているからこその想いなんですね。

 

何度も言いますが、
クローゼットのお片づけをしたら必ず何かが変わります。

 

それは、
自分自身と向き合う作業だからだと思うのです。
過去の自分と向き合い、
これからの未来を考えることにつながるんです。

 

そうです、未来は自分で変えられるから
すぐにでもお片づけを始めたほうがいいんです。

 

クローゼットの片づけは本当に大事だと痛感しています。

 

 

衣替えやクローゼット整理を始める前によんでもらいたい記事をまとめました(^^)

衣替え収納クローゼットの整理方法は?誰でも簡単整頓まとめ

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!