スポンサーリンク

クローゼットが片づくと
服選びの時短につながるばかりか、
毎朝のストレスがなくなります。

でも、
片づけなくてはいけないと
思いながらも
なかなか片づけを
することができない人は多いんです。

 

それとは逆に
「片づけよう」という
意識がない方もいるかもしれません。

 

片づけは早く始めれば始めただけ
自分の暮らしがラクになります。

 

女性にとって洋服とは
自分を表現するための
大切なものだと私は思います。

 

クローゼットがゴチャゴチャだと
上手に洋服で自分を表現することはできません。

 

今回は、
クローゼットが片づけられない人が
やってしまっている
5つの特徴について考えてみました。

 

この5つの特徴
当てはまっているとしたら・・・
クローゼットのお片づけが
必要かもしれません!

 

毎朝、着る服がないと言っている!

はい、
これは数年前までの私のことです。
洋服は持っているはずなのに
「着る服がない!」と騒いでいました。

 

これはもう若い頃からずっとそうで、
毎朝仕事に行く前に
いつも服装のことで悩んでいたんです。

 

「何を着ていこう?」
「着ていく服がない!」
「このあいだ服を買ったばかりなのに・・・」

 

といった具合に、
毎朝着てい行く服について
迷い悩んでいました。

 

そしてそれは、
結婚後も続きました。

 

クローゼットを整えた今、
私は洋服のことで悩むことは減りました。
毎朝、服選びにかける時間が短くなりました。

 

 

必要な枚数は
持っているはずなのに
「着る服がない!」と感じるということは
今の自分の気分に合っている服がない、とか
ひと昔前のデザインだ、とか

 

何かしら原因があるはずなんです。

 

だからそれらを
思い切って処分することで
また新たな
おしゃれ生活が可能になるのです!

 

クローゼットが片づけられない人の特徴その1
「毎朝、着る服がない!」と言っている!

 

どんな服を持っているのか把握していない!

自分のすべての洋服が何枚あるのか、
すぐに答えられますか?

どんな服を持っているのか、
すぐに言えますか?

タンスの奥から
忘れていた洋服が出てきたことはありませんか?

タンスにギュウギュウに押し込んでいたり、
衣装ケースから数年出していない
なんてことはありませんか?

 

大体の数でも構わないのですが、

 

自分がどれくらいの数を持っているのか、
どんな服を持っているのか、
ということが答えられないなら

 

それは、洋服の持ち過ぎだと言えます。

 

全ての洋服を
きちんと把握していないから
答えられないのです。

 

ちなみに、
私の手持ち服は
オールシーズン分で30着です。(コート含む)
ストールやバッグなどの小物は含んでいません。
※この記事を書いた時点の枚数です

 

30着で春夏秋冬を
今のところ乗り切っています。

 

だいたいこの数をキープしていますが
この数を超えることもありますし、
少なくなることもあります。

 

「数」が大切なのではありません。
自分が把握できるかどうかが大切なんです。

 

だからどんな服を持っているかは
すぐに答えられます。
どこにどの服が置いてあるのかも
すぐにわかる状態です。

 

私はこのことを
自慢したいわけじゃないんです。
これくらいの数に減らしたほうがいいよ、
と言っているわけじゃないんです。

 

ただ、
自分で管理ができないほどの数を
持つ必要があるのか?
と感じるのです。

 

100着の服を持っていても、
それを着ることのないまま
眠らせておいたら
それこそもったいないんです。

 

モノは使ってこそ、その魅力を発揮します。

 

クローゼットが片づけられない人の特徴その2
どんな服を持っているのか把握していない!

 

洋服は大量に持っているにもかかわらず、洋服が買いたくなる!

スポンサーリンク

これ、過去の私のことです。
洋服は持っているはずなのに、
次々と買いたくなるのです。

「着る服がない!」
と言っている人と同じタイプです。

 

なぜ、洋服を持っているのに
買いたくなるのかというと
いま持っている服が
使える服ではないから、
だと思うのです。

 

買う時は気に入って
買っているはずなのだけど、
結局また次の服を
買いたくなるということは
手持ちの服を
把握していないことにもつながるんです。

 

手持ち服を把握しておらず、
いろいろなタイプの服が混在しているため
新しく服を買い足していっても
着回しができないのだと思います。

 

洋服を定期的に買っているのに、
なんとなく着回しづらいと感じ、すぐに服を買いたくなる。

 

そんな人は、まずクローゼットの整理が先です!
洋服を買う前にクローゼットの整理をして
使える服は残し、
今の自分に合わない服は処分するのです。

 

そうすることで、
次に買い足すべき服がわかり
着回すことができるようになるのです。

 

クローゼットが片づけられない人の特徴その3
洋服は大量に持っているのにもかかわらず、洋服が買いたくなる!

 

着ていない服、サイズアウトの服を捨てられない!

過去に執着してしまうのも、
クローゼットが片づかない原因の一つです。

 

「高かった服だから・・・」
「痩せたら着ようと思っている・・・」
「何回も着ていないので、捨てるのがもったいない・・・」

 

こんなふうに感じてしまって
手放せない洋服はありませんか?

 

私はよくこんなふうに感じて
着ていない服を捨てられないでいました。

 

でもよく考えてみてください。

 

いま着ることができない服を、
いつまでとっておくのでしょう?

 

痩せたら着る・・・というのは、
いつ痩せられるのでしょう?

 

3年後に痩せたとして、
その服はその時代に合っているのでしょうか?

 

過去の服は、もう過去のものなんです。

 

高かったとしても、それは過去の服。
だから高く買い取ってもらえませんし、
誰かに譲るにしても、
もらってもらえるかどうかはわかりません。

 

そしていつ着るかもわからない服が
クローゼットを占領していたら
新しい服を迎え入れる
スペースがなくなります。

 

基準は「今」です。
いま、どんな服が着たいのか、
どんなおしゃれをしたいのか、です。

 

若い頃に買った服は
残念ながら年齢を重ねた
「今」の自分には合いません。

 

私もお気に入りの服がありました。
20代の頃に買ったブラウスでした。

 

それを結婚後も着ていたのですが
30代半ばくらいになったとき、
突然似合わなくなったのです。

 

似合わなくなってからも
着ることはありませんでしたが
ずっととってありました。

 

でも、ある時、
思い切って手放しました。

 

似合わなくなった服を
大切に保管していても
しょうがないと思ったからです。

 

押入れの奥に
キレイにしまって
とっておく意味がないと思ったのです。

 

この1年間、
一度も着なかった服
サイズの合わない服は
思い切って処分することをおすすめします。

 

なぜなら、
今後も着る可能性が
限りなく0%に近いからです。

 

その無駄なスペースを開放して
今の自分に合った服を
大切にすることをおすすめします。

 

クローゼットが片づけられない人の特徴その4
着ていない服、サイズアウトの服を捨てられない!

 

今の自分に必要な服が揃っていない!

今の自分に必要な服が揃っていないと、
たくさんの洋服は持っているのに
「着る服がない!」と感じることにつながります。

 

若い頃からの服をずっと着ていたり、
服に統一性がなかったり、
色物や柄物など、
合わせづらい服がたくさんあったり・・・

 

今の自分に最適な服がないと、
「着る服がない!」につながるんです。

 

若い頃の服は
残念ながら年齢を重ねた
今の自分には合わないんです。

 

自分が好きな服の
テイストがわからなければ、
洋服選びもなかなか定まりません。

 

だから統一性がなくなるのです。
柄物や色物ばかり持っていても、
コーディネートがしづらくなります。

 

そのために、
クローゼットのお片づけが必要になるのです。

 

今ある手持ち服、
全部が使えないわけではありません。

 

その中には、
今の自分にピッタリの一着が
眠っているかもしれないんです。

 

でもそれはクローゼットを
片づけなければ、
なかなか見つけることはできません。

 

いま持っている服を
一着一着確かめていくという
気の遠くなるような作業が必要ですが
それをしなければいつまでたっても
洋服のことで悩むことになるんです。

 

今の自分にピッタリの
服を揃えることは
洋服のお悩みを
解決するためには
必要なことだと思います。

 

クローゼットが片づけられない人の特徴その5
今の自分に必要な服が揃っていない!

 

 

クローゼットの片づけをしよう!

クローゼットがゴチャゴチャの人は
いまご紹介したような特徴や口癖があります。

 

そして自分のクローゼットが
片づいていないから
そのようなことを考えてしまう、
ということに気がついていません。

 

いま持っている洋服を
全部引っ張り出して
どれくらいの服をもっているのか
確認することは大切です。

 

それらの服を見て
ショックを受ける人もいるかもしれません。

 

「こんなにたくさんの服を持っていたんだ・・・」って。

 

でもそのショックと向き合わないと
お片づけはできないんです。

 

クローゼットに限らず
他の場所のお片づけも一緒ですが、
自分の失敗に気がつかないと
次に進むことはできません。

 

クローゼットを片づける方法は簡単です。

まずは「全部出す」ことです。

部屋の片づけをする時のコツは?簡単だけど一番大切な方法はこれ!

 

クローゼットが整うと
良いことがたくさんあるんです。

・朝着る服に迷わず時短になる
・着る服がないと言わなくなる
・余計な服を買わなくなる
・クローゼットがスッキリしてどこに何があるのかわかる
・衣替えが簡単になる、または、衣替えの必要がなくなる
・おしゃれになる

きっと人によっては
もっともっとたくさんの
良いことがあるはずです。

 

今回は、
クローゼットが片づけられない人が
やってしまっている
5つの特徴について考えてみましたが、

 

もしこれらに当てはまることがあるのなら
クローゼットを整えることで
必ず自分の服選びが変わると断言できます。

 

 

衣替えやクローゼット整理を
始める前に読んでもらいたい
記事をまとめました(^^)

衣替え収納クローゼットの整理方法は?誰でも簡単整頓まとめ

 

☆ランキングに参加中!応援よろしくお願いします!☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!