スポンサーリンク

お片づけって
やってもやってもすぐに元通りになっちゃいませんか?

 

私なんて、以前とは比べ物にならないほど
お片づけできるようにはなったけど
いまだにその辺にモノは置きっぱなしだし
脱いだら脱ぎっぱなしだし
面倒くさがり屋だからやりっぱなしが多いんですよね。

 

でもですね、
それでいいんですよ。

 

完璧なんて求めなくていいんです。

 

そういう自分が苦手なことも含めた
お片づけをしていけばいいんです!

それよりもまずは、お片づけのその先のこと
を考えていきましょう!

 

片づける前に「イメージ」を大切にしてください

私たちがお片づけをしても
すぐ元通り散らかってしまうのは
お片づけの最初の部分ができていないからだと思います。

 

まずお片づけに入る前には
どんな部屋でどんなふうに過ごしたいのかを
イメージすることが大切なんです。

 

例えばみんなが集まるリビングを例にしてみますね。

 

私がリビングでしたいことは
・ゴロゴロしたい
・ゆっくり読書したい
・ゆったりお茶の時間を愉しみたい
・いつもテーブルの上には何も置いていないのが理想
・ちょっとお花も飾ってみたい
・家族で好きな番組を見たい
・誰かが突然来ても慌てないのが理想

 

・・・こんなふうに、
リビングが片づいたらやってみたいことや
自分の理想とするイメージを書き出してみるのです。

 

書き出すことで
自分はこんなふうにしたいんだな、
こんなふうに過ごしたいんだな、
ということがわかります。

 

そうしたら、
その理想に向かって片づけを進めていくんです。

 

先ほどの私の例で考えると
・テーブルには何も置いていないのが理想
なので、

 

テーブルがゴチャゴチャしないように
モノを置かないようにしよう

じゃ、今までテーブルに置きっぱなしだった
リモコンはどこかにしまおう。

テレビの近くに置くことにしようかな
ついでに、いつも置きっぱなしのモノもキチンと片づけよう

テーブルに何も置いていないって、スッキリ!

 

というふうに、考えていくことができるわけです。

 

それから、
・お花を飾りたい
という理想もありました。

 

お花を飾りたいな

おしゃれな花瓶が欲しいな
小さな花瓶のほうがかわいいかな
せっかくだから自分のお気に入りを見つけよう!

どこに置いたら素敵に見えるかな。
ここの棚の上はどうかな。
じゃ、この散らかったモノをどうにかしなくちゃ。

 

こんなふうにワクワクしながら
イメージを膨らませることもできるわけです。

 

お片づけって大変で面倒なイメージがあります。
私は面倒くさがり屋ですし、
掃除も片づけも元々は嫌いですから
苦手な人の気持ちもわかります。

 

でも、こうやって
自分がこうなったらいいな、という理想を
イメージするという作業は
実はワクワクするものなんですよね。

 

はっきりとしたイメージができ、
自分の理想がまとまったら
あとはそこへ向かってお片づけを進めていけばいいのです。

 

片づけの決まり事や、やり方にとらわれすぎない

スポンサーリンク

もちろん、
お片づけにはきっと
こうしたほうがいいよっていう決まり事や、
やり方、収納方法が存在するでしょう。

 

でも、そんな手順ややり方よりも大切なコトは
自分がキレイになった部屋でどう過ごしたいのかを考えることなんです。

 

海外旅行に行きたかったら、計画を立てますよね?

来年、家族で海外旅行に行きたいな。

〇月までに〇〇円貯金しなくちゃ。

目標達成!ヤッター!!となるわけですよね?

 

それとおんなじです。

 

お片づけを始める前にやるべきこと。
それは、自分の理想を考えることなんです。

 

これをしないで片づけようとするから
うまくいかないのです。

 

理想がはっきりすれば
自分にとって必要なモノも自然と分かってくるはずなんです。

 

そうすれば、要らないモノは手放せるし
必要なモノだけが残り、
自然とモノが減りスッキリした理想の部屋が
作られていくのです。

 

お片づけを始める前にやるべきことは
自分の理想をイメージすることです。

 

理想、夢、目標がなければ
ゴールにはたどり着けないのです。

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter でryokoをフォローしよう!