スポンサーリンク

私はお片づけに目覚めてから
本当にたくさんのモノを捨ててきました。

 

最初捨てることに抵抗がありましたが
思い切って捨てていくと
むしろ捨てることで気持ちがスッキリしたんです。

 

だから今では捨てることに
あまり抵抗を感じなくなりました。
もちろん迷う時もありますけどね。

 

私はよそのお宅を覗いたことはないので
確かなことは言えませんが
きっとモノが多い人ってたくさんいるんじゃないかなって
感じているんです。

 

モノが多すぎる。「今」使っていないなら捨てる。

例えば、これは実家の話なのですが・・・

 

そんなに必要ないでしょ!?っていうくらいの数の
タッパーやスプーンやフォークがあるんですよ(笑)
何十人分くらいあるのかなぁ?って思うくらいの。
そして、やたらと食器類が多かったりなんかします。

おそらく、若い頃からそのまま見直すことなく
そのまま使っているのだと思います。

 

家族構成ってその時その時で変わっていきますよね。

 

でも、モノの適正量って見直すことがないから
実家には2人しか住んでいないのに
モノだけは4人分とか5人分とかそれ以上とかあるんですよね。

 

その中に
大切でどうしても捨てられないっていうモノがあれば
それは大事に取っておくことも良いと思うのですが、

 

まったく出番のないお皿や
数十人分もあるようなスプーンなどを持つ必要があるのか
私には疑問なんです。

 

まぁ、そんなこと実家に話したところで
聞き入れてもらえないから仕方ないんですけど(笑)

 

ただ、私がたくさんのモノを捨ててきて感じることは
使っていないモノを手放すことで
頭も心もお部屋もスッキリし身軽になるということです。

本当にすべてが身軽になるんです。

 

お部屋と心はつながってる。
これは本当のことです。

 

お部屋はその人の心の中を表しています。

 

使っていないモノがたくさん入った引き出し。
もしそこが空っぽになったら・・・

 

・本当に大切なモノをゆったりとしまうことができます。
・探す手間もなくなります。
・一目で置き場所がわかります。
・探し物でイライラすることがなくなります。
・モノが多すぎてどこに何があるのかわからない、ということがなくなります。
・部屋の片隅に荷物を積み上げることがなくなります。

 

全てはモノが多いせいで
家の中がゴチャゴチャになっていることに早く気がついてもらいたい。

 

要らないモノを早く手放してもらいたい。

 

私は捨ててしまって後悔したモノはありません。
もし手放しても必要になった時にまた手に入れればいいだけ。

 

「今」自分や家族に必要か必要じゃないのか、
ということを考えればいいんです。

 

未来のことを考えすぎても先のことはわからないし、
過去にこだわり過ぎても、もうそれは終わってしまっていることだから。

 

モノが捨てられないのは執着心があるからかも・・・

スポンサーリンク

私はベビー服が捨てられなかった人です。
次に生まれるかどうかも分からない子供のことを想像して
2人目の子供が生まれてから5年間もベビー服を持ち続けました。

 

「いつか使うかもしれない」
ただそれだけで持ち続けていました。

 

5年間も使わないモノを持っていたんですよ。

 

モノを置いておく場所も必要だし
時々は整理整頓もしなくちゃならないしハッキリ言って面倒。
なのに、捨てられなかったんです。

 

そこには、もう一人子供がほしいな・・・という
密かな希望があったのだと思います。

 

でも、その頃の私は原因がわからないけれど
体調不良が続いていました。

 

だからそんな弱い体でもう一人育てることはできないだろうな、
もういいかなって吹っ切れた時に
そのベビー服も捨てることができたんです。

 

私はずっと執着心を持っていたから捨てられなかったんです。

 

でも心が吹っ切れてこのベビー服を処分したとき
本当にスッキリしました。すごい爽快感だったのを覚えています。

 

特に心が解放された感じがありました。

 

どうでもいい執着心で心がいっぱいになると
手放すことができなくなるのかもしれません。

 

詰まりをなくし、風通しの良いお部屋と心を作ろう

必要になったらその時に考えればいい。

 

モノを溜め込むんじゃなくて
もっと身軽になることを考えたほうがいいんです。

 

水道の詰まりも
身体の詰まりも、よくないことですよね。
詰まりが取れたらスッキリしますよね。

 

モノの溜め込みもそれと一緒。
家の中に詰め込み過ぎなんです。

 

家の中の詰まりが取れた時
いろんなことが動き出し
良い方向に進んでいけるんじゃないかと思うんです。

 

風通しの良いお部屋と執着を捨てた心が大切だと
たくさんのお片づけを通してわかりました。

 

私はこれからも身軽でスッキリした住まいを心がけていきます。

 

スポンサーリンク

 

Twitter でryokoをフォローしよう!